FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

何が起きたよりもどこで起きたかが重要

環境認識 チャートパターン分析

 

テクニカル分析において
ローソク足1本1本がつくる
プライスアクションには意味があり、
ローソク足が集まってできる
チャートのパターンにも意味があり、
それらを元に様々な分析を行います


どうなったら反転する可能性、
どうなったら伸びていく可能性、
どうなったらエントリーしていける、
などチャートの形次第で様々な
根拠を持ち勝負をしていくわけですが、
その際に重要なことがあります

 

それは、
何が起こったのかではなく
どこで起こったのかが絶対的に優先
だということです


テクニカルを覚えたての初めのころは
チャートパターンばかりに目が行き、
そのパターンがどこで起きているかまで
見れていないことも多いです

 

また、逆に知識が増えてきてからも
色々なチャートパターンや
プライスアクションを知ってるがゆえに
それらを探すのに夢中になり
それ以前の環境認識がおろそかに
なっている人もいます

 


絶対に気をつけないといけないのは
まず環境認識が先だということです

 

反転のチャートパターン
反転が想定できる場所で出たからこそ
根拠になるわけです

 

いくら反転パターンが出ても
それが反転が考えれそうな場所でなければ
全く根拠にはなりません


エントリーパターン
ここから伸びる想定が出来る場所
だからこそ根拠になるわけです

 

いくらエントリーパターンが出ても
ここからその方向に伸びることが
考えれそうな場所でなければ
全く意味がありません

 

 

プライスアクションやチャートパターンは、
最後に判断を後押しをするきっかけ程度
だと思ってください

 

それ単体で判断をすることは
まず出来ません

 


ダブルトップ、ダブルボトムだろうが
三尊だろうが、フラッグだろうが、
アウトサイドだろうが、ピンバーだろうが、
それ単体では全く意味が無いです

 

それらがどこで出るか、
意味のある場所でそれらが出るからこそ
意味を持つのです

 

 

トレードルール通りに
エントリーしてるつもりだけど
最近全く勝てない、というような人は
チャートのパターンは見れてるけど
環境認識がおろそかになっている、
という場合も多いです

 

テクニカル分析、チャートパターンなどは
必ず環境というのが前提にあり、
その環境の根拠の中に後押しとして
存在するのがそれぞれのパターンだ、
というのを忘れないようにしてください