FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

どこが意識されているかを見てラインを引く

テクニカル チャート分析 水平線

 

ラインを引くときに、

よく高値や安値を意識して引く人が多いです

 

実際ブレイクのラインは

基本的には前回高値、前回安値、

というのを見ていくイメージです

 

 

しかし厳密に言うと、

本来はその付近の意識されているポイント、

をしっかりと見てそこにラインを引くべき、

というのを理解してください

 

 

高値、安値のヒゲ先などにラインを

引いている場合も多いですが、

ここに引いたラインが機能することは

実際少ないです

 

それよりも、その少し上下にある

何度か止められている、

何度かタッチしているようなポイント

そこが本来のラインになります

 

 

何度もタッチして止められている

=そこで逆張っている人がいる

=そこが意識されている

という風に思ってください

 

 

ローソク足のヒゲ先の

ピンポイントの1点だけで

逆張る人は少ないです

 

 

それよりも何度も今までタッチして

止められている、

だからこれからも止められる、

もしくは意識される可能性がある、

という風に考えるべきです

 

 

ラインは多少抜けてしまうということは

しょっちゅうあります

 

 

なので必ずしも一番高値、安値の点が

ピンポイントでラインになる、とは

限りません

 

 

ラインを引くときに見るべきポイントは、

必ず、何度か止められている、

何度か意識されている、です

 

水平線 ブレイクライン ライントレード

 

これをしっかりと意識して見ることで、

多くの人が見ているラインを引くことができ、

多くの人が見ているラインは意識されやすいので

そこがレジスタンス、サポートになって

反転していくような機能するライン、

というのが引けるようになります

 

 

 

1点だけをピンポイントに引いたラインは

簡単に抜けてしまうことも多いので

注意してください

 

▼次にCHECK
『ラインの強さを見るコツ』