FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

トレードシナリオも今見ている波のサイズに合わせて考える

環境認識 波形認識トレード

 

波の認識は安定して捉えること、
というのは何度もお伝えしていることですが
少し前に、小さな波を捉えることで
チャンスを増やすことが出来る
というのをお話しました

 

ここの注意点というか、
普段より小さい波を認識して
トレードをする際に
気を付けるべきことがあるので
今回はそこをお伝えしようかと思います

 


波の認識は安定させるべきなのに
小さい波を捉えてエントリーチャンスを
増やすことが出来る、ということだけ言うと
矛盾しているということになります


実際、波をとらえてトレードする際に
損切りになるパターンの一つとして
波のサイズがブレていること、
今までの波に比べて小さい波で
エントリーをしてしまっていること
というのが多いです


ここに関してですが、結論を言うと
波のサイズを小さく見て判断するのであれば、
エントリーポイントだけでは無く
環境認識や利益確定や損切りポイントも
全てその小さい波のサイズに合わせて
認識できているか
というのが重要になってきます

 

環境認識 波形認識




小さい波を捉えて失敗している人で
多くの場合の原因は、
エントリーは小さい波を見て入っているのに、
利益確定ポイントや損切りポイントは
今まで見ていた一回り大きな波に
合わせてしまっている
ということがあります


これが波の認識がブレている、
という状態になります


そうでは無く、
波のサイズを小さく見るのであれば
その波のサイズに合わせた環境認識や
トレードシナリオを考え、
ルール通りにトレードを行っていく、
ということになります


要するに
波の認識をブレさせないというのは、
絶対に波のサイズを変えたらいけない、
ということでは無く、
もし変えるのであっても今現在認識している
その波に応じた環境認識、トレードを
行わなけばいけない
ということになります


ここをしっかり理解して
波形の認識、環境認識を行っていかないと
トレードルール通りにトレードしているつもりでも
損切りを量産する、ということにもなります


これは波を小さく見る場合だけでなく、
大きく見る場合などでも同じです

 

波形認識 トレードシナリオ


波のサイズが違う=別の時間足での動き
と考えれば良いかと思いますので、
今まで見ていた波の認識サイズを変える、
というのは時間足を切り替える、
というのと同じことになります

 

実際ややこしかったら時間足を
切り替えてしまっても良いと思いますし、
それをあくまでそのままの時間足で
認識している、というだけです


何分足・何時間足であっても、
しっかりとその時間足の動きに応じた
トレード根拠やラインの定義、
反転確認などを行うのが必要であり、
安定したトレードをするためには
ここをブレさせてはいけません


しかしエントリーポイントを
探すことに意識が向きすぎて、
エントリーの際に見ている波の大きさと
狙っている波の大きさがブレてしまっている、
これを無くすことです


まだトレードが安定していない場合は
あまり波の認識サイズは変えずに
とにかく一定サイズくらいの波を
常に認識してトレードしていくほうが
安定はするかと思います

 

ある程度慣れてきて
相場の波の認識が深まってきて
フラクタル構造のイメージが
分かってきたら捉える波のサイズを
変えていくことでチャンスは
増やしていくこともできるので
そのようなときには今回お伝えしたような
内容を意識すれば良いかと思います