FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

9月3日 USDJPY トレード解説

ドル円 トレード解説

 

今回はUSDJPYの1分足で
トレンド転換直後の反転を狙った
トレードの解説になります


トレンド転換直後の動きは
伸びていくことも多いですし、
損益率も取りやすいので
しっかりとれるようになっていければ
良いかと思います


ただ、まだ明確に新しいトレンドが
出ているという訳では無い中で
その方向にエントリーを
していくということになるので、
しっかりと自分の中で判断基準を
明確にしておくことが大切になってきます

 

チャート分析をする上で常に
どこを抜けたらトレンドが終了するのか、
どこでどうなったら転換が確定したと判断するか、
というのを考えながら見ておくのが良いです

 

ではまず実際のトレードの画像です

 

USDJPY 1分足 トレード

 

今まで上昇してきていた流れが
綺麗に切り替わった場面ですね

 

エントリーをした時点ではまだ
定義としては下降トレンドではありません

 

あくまでこれから下降トレンドに
なっていくだろう、という段階
ここからの下落を想定して
エントリーを仕掛けている状態です

 

このようなトレードが、
初めにもお伝えしたように
トレンドの発生初期を狙うことになるので
損益率も良く、チャンスも多くなりやすいです


このとき意識することは、
どこでトレンドが終了して、
どこから新し流れが発生していき、
どこで新しいトレンドが確定となるのか

 

というようなことです

 

このあたりを基本的には
波形を元に判断していき、
まずは環境を絞っていったうえで
さらに細かいエントリーポイントを見ていく、
というようなイメージです

 

ドル円 1分足 トレンド転換

 

綺麗にラインもあって、
両側からしっかりと噛み合っている状態
いわゆるサポレジ転換の状態なので
ここを背に売っていけるという場面ですね

 

三尊のような状態で波形を描いていて、
さらにそこにラインも意識されている
というような形になるので
こういうところはトレンド転換としては
かなり綺麗に動いていきやすいです

 


エントリーの際に考えていくポイントとしては

 

・綺麗な波を描いているか
・これから出来上がる波をイメージ出来ているか
・明確なトレンドが出ているか
(もしくはこれから出ると考えられるか)
・意識されているラインを確認できるか

 

というのは大切なので、
今回はこのようなポイントを意識して
見れていれば綺麗にとっていけた
ポイントなのでは無いかと思っています