FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

11月25日 USDCHF トレード解説

USDCHF 1分足 ブレイクライン売りトレード

 

今回はUSDCHFの1分足で
トレンド判断でブレイク後の押し戻りを
狙ったトレードの解説になります

 

しっかりと明確な動き、
狙っている方向への圧力が確認できてから
狙っていくというのが
トレンドを狙う上では重要になってきます

 

どこを抜けてどのような力が見れたか、
その結果ここから伸びる想定が出来るか
というのがとても大切です


それではまずは実際のトレード画像です

 

USDCHF 1分足 トレード画像

 


エントリーの一つ前の下げの動きで
強い売りの力が出ているのが分かりますね

 

こういう動きが出たときには
次の押し戻りがチャンスになることが多いです

 


そして、その時にもう一つ重要なのは
ここからトレンドが発生すると
考えられる場所で
それが出ているかどうかです

 

ただ強い力が見れたとしても
ここからトレンドが発生することが
考えられ無い場面だったら
意味がありません

 

ここからトレンドが発生することが
考えられない場面というのは
レンジの中の動き
(一つの波形の中で動いているだけの動き)
だったり、
トレンドがもう伸び切っているような場面
などです

 

USDCHF 1分足 トレード解説


今回の場合は左側を見たら分かるように
大きめの波形で見たときに
上昇トレンドの終了ラインとなるラインを
ちょうど割ってきた場面で、
ここから下に抵抗も特に無さそうで
ここから下げることが想定できる場面
だと考えられます


このような場面でエントリーを
狙っていくということが大切です

 


そして、エントリーの際ですが
一度少し深めの戻りをつけているのと、
戻りの力も弱くは無いと見れるので、
しっかりと反転を確認していくことが
大切になってきます


今回の場合では
まずブレイクラインまで戻ってきてから
小さな切り下げで下げ、
その後大きな波形で見たときの
上昇トレンド終了ライン
(抵抗になる可能性のあるライン)
も抜けて、その後抑えられて切り下げた
というのが確認できて
エントリーしていけば安全なエントリー
という風に判断できます

 

USDCHF 1分足 売りトレード利益確定

 

その後エントリーしたら
素直に下げてくれて、
前回値幅と同じ値幅分くらいを狙っていましたが
少し勢い良く伸びたので初めの狙いよりも
ほんの少しだけ伸ばしたという感じですね

 


今回のトレードから参考になる点としては、
しっかりと力のある動きを見てから
次の押し戻りを狙っていく意識を持つこと
そしてどこを抜けたら抵抗が弱くなるか、
逆にどこを抜けるまでは反対勢力が入ってくる
可能性があるかというのを
しっかりと考えること
かと思います