FXブログ/相場に感謝。人生に感謝。/専業トレーダーKAZUの投資家日記

投資家/トレーダー/本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位で運用できるまではなりました。相場は本当に甘い世界では無いです。かなりの覚悟が無いと勝てるようにはなれません。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

【トレンドで一番初めにエントリーできるポイント】

エントリーポイント 環境認識 FX

 

チャートを波で認識し、
トレンドが出ている方向に
これから完成する波を想定して
その波を取りにいく
これが基本的なトレードの
考え方になります


トレンドが発生している状態なら
トレンドが崩れるまでは
常に新しい波が作られて
トレンドが継続していくので、
一つの波が取り終わっても
また次の波を狙うことが出来ます


基本的にトレンドは継続していく
という考え方は大切ですが、
あまりに伸びているトレンドを
狙っていこうとすると
もうそれ以上伸びずに
やられてしまうことがあります

 


トレンドを狙う上で
意識出来たほうが良いこととして、
トレンドの発生初期の動きを
いかに捉えにいけるか
ということが大切になってきます


発生初期の動きを狙うのは
トレンド継続中の動きを狙うよりも
まだトレンドが確定していない分
少し慣れが必要かもしれませんが、
ここをしっかりとっていけるようになれば
エントリーのチャンスも増えますし、
発生初期なので利益も伸ばしやすい
ポイントとなります

 

 

ではトレンドの発生初期の動きとは
どこかというと、
トレンド終了のラインを越えてきたとき
ということになります


例えば今まで下降トレンドで来ていたら、
下降トレンドが終了するのは
最後に安値を更新した波の高値なので、
ここを抜けてきたとき、
このときに買いのエントリーを考えていきます


もちろん下降トレンドが崩れたから、と
すぐ買ったりしてもやられることが多いです


トレンドの終了を考えるラインを
大きく抜けてきたとき
しっかりと抜けてきたとき
このときに反対のエントリーを考えながら
一度押し戻りを待って、エントリーしていく
ということが出来るようになれば
チャンスも増えてくるかと思います

 

環境認識 トレンド転換

 

そしてこのときの押し戻りの
反転の目安として、
ブレイクのラインと、トレンドライン
そしてチャネルのライン
この3つが目安になる、ということになります

 

なので、トレンド発生初期の動きを
狙っていく場合には、
トレンドの終了を考えるラインを
しっかり抜けてきた、
この段階でブレイクライン
トレンドラインチャネルライン
引いてしまうことです


トレンドラインは波に角度が無いと
引けないので必ず引けるわけでは無いですが、
必ずブレイクラインとトレンドライン、
チャネルラインを引けるか考え、
そのどれかのラインで反転するようなら
これから発生する新しいトレンドを
想定してエントリーしていく、
ということが出来るようになってきます

 

トレンド転換 エントリーポイント 環境認識