FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

トレンドとレンジの明確な定義を持ってますか?

トレンド レンジ 判断

 

トレードをする上で環境認識、
今の相場状況がどのような状況か、
というのを判断することは必須です

 

そして自分のトレードルール、
今からするエントリーは
トレンド判断でのエントリーなのか
レンジ判断でのエントリーなのか
というのをしっかりと認識していくことです

 

 

トレンドの場面に強いトレードルールは
レンジの場面では弱いということになります

 

また、逆に
レンジの場面で強いトレードルールは
トレンドの場面に弱いということになります

 

なので例えば自分が今からするエントリーが
トレンドの状況に適しているトレードならば
いかにトレンド相場で勝負していけるか
ということが重要になってきます

 


トレンドであれば常に高値や安値を
更新していく=ブレイクしていく
ということになりますが、
レンジ判断をしている人は
ブレイクしないことを想定して
逆のエントリーを入れてきます

 

以前にも自分のエントリーと
逆の目線の人たちを考える、
ということはお伝えしたことがありますが、
トレンドとレンジという形で言うと、
自分がトレンド狙いのときの敵は
現在をレンジ判断している人たちであり、
自分がレンジ狙いのときの敵は
現在をトレンド判断している人たちです

 


よく初心者の方やまだ安定して
利益を上げれていない人たちに多いのが
チャートのパターンだけを見て、
エントリーパターンが来たから、
反転のパターンが出たからとエントリーをして
やられているということが多いですが、
これはこのトレンド相場かレンジ相場かの
見極めが弱いということが多いです


なのでチャートのパターンというのを
見るだけでは無く、
それがトレンド相場のどこで起こっているのか、
レンジ相場のどこで起こっているのか、
というのが重要になります


どれだけ綺麗な反転の形が見れても
トレンド相場に強いトレードルールを
レンジ相場で狙っていれば
損切りになっても当然ということです

 

なので、エントリーポイントや
チャートパターンを見る前に、
今現在の相場状況が
トレンドなのかレンジなのかというのを
判断するための明確な基準、定義が
必要となってきます

 


ここに関しては、
安定して利益を積み上げていくためには
かなり明確な定義を
はっきりと持っておくことが
大切かと思います

 

なんとなく上げ続けているからトレンド、とか
なんとなくダラダラ動いているからレンジ、
というような判断では無く、
どこでどうなった時点でトレンドが発生し、
どこでどうなった時点でトレンドが終了か、
そしてどこでどうなったらレンジなのか


これをチャートのどの場面でも
常に説明できるような定義を
しっかりと持っておくことです

 

この判断基準、定義というのが
明確なあるうえで、
その環境に応じたトレードルールが
当てはまるポイントで勝負をすること

 


チャートパターンが同じでも
その適した環境以外のときには
一切勝負しないこと
これが重要になります

 


トレンド終了のラインなどは
今までも説明してますが、
レンジの判断などに関しても
またいくつか別で説明を
していこうと思います


自分の中にトレンドとレンジの
明確な定義があるかどうか、
そして自分のトレードルールが
どのような状況に適していて、
今からするエントリーは絶対に
その状況に当てはまっていると
言えるかどうか、
ここをしっかり考えて
トレードをしていければ良いかと思います

 

▼こちらもCHECK
『レンジ相場の基本的な定義とは何か』

『ダウ理論を用いて現在の環境を認識する』