専業トレーダーKAZUのFXブログ

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまではなりました。相場は本当に甘い世界では無いです。かなりの覚悟が無いと勝てるようにはなれません。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載していきます。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

【検証の際に保有ポジションの金額の推移を見る】

検証 保有ポジションの資金推移

 

トレードの検証をする際に、
どのような場面でどのようにエントリーして
利益確定できた、損切りになった、
というのはもちろん大切です

 

その検証の際に
他にも見ておいたほうが良いポイントは
いくつかありますが、
今回はその中の一つで大切なことを
お伝えしようと思います

 


それは、
エントリー後に決済されるまでの
含み益、含み損の推移を見ることです

 

エントリー後に利益確定になっても
損切りになってもどちらの場合でも同じです


検証の際にここまで意識して
見れているという人は
案外少ないと思います

 


エントリーしてその後に
そのまま一直線に利益確定ポイントか
損切りポイントまで伸びる、ということは
ほとんどありません

 

多くの場合は決済ポイントに
到達するまでに上がったり下がったり
色々な形を作っていきます


結果的には利益確定できていても、
その途中では含み損になることも
何度もあるかもしれませんし、
一度TP直前で戻されてから
また伸びてTPに到達、という場合も
もちろんあるかと思います


ここを検証の際には見れておらず
実際のトレードとなった時に、
含み益、含み損が増えたり減ったりする
不安と恐怖にメンタルが揺さぶられ、
途中で変な判断をしたり
本来伸ばせたのに途中決済してしまったり
というのをしてしまうのです

 


トレード中にローソク足の動きを見て
戻されてきそう、という不安を感じたり
嫌な動きだと思って途中決済したり
という経験をしたことがある人は
かなり多いと思います


ただはっきり言って、これはただ単に
検証不足なだけです


検証の際に利益確定ポイント、
損切りポイントに至るまでの
含み益、含み損の推移までしっかり見て
イメージが持てていたら、
実際のトレードでもそんな金額の上下に
気持ちが動揺することもありません

 

 

もちろんかなり検証をこなして
ローソク足の動きなどが読めるようになって、
それを元に途中決済する、
というような場合は良いと思いますが、
多くの人はメンタル的にローソク足の動きに
揺さぶられて変な判断をしてしまっている、
というだけの場合がほとんどです


検証をする際には
しっかりと保有ポジションが決済までに
どのような動きをして決済されているのか、
ここをしっかり考えて見ること、
このイメージが持てるようになれば
ポジションをしっかりホールドすることも
できるようになってくると思います