FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

時間足の選び方の基本

監視時間 時間足 分足

 

まだ自分の中でトレードの手法が
確立していない方で
どの時間足でトレードをしたらいいのか
悩んでいる方も多いと思います


時間足の決め方として、
まずは自分の生活リズムや
チャートを見れる時間を元に
考えていくのがベストだと考えています


まず1分足や5分足のように
時間足が短いほど、
エントリーのチャンスが来る回数は増えます

チャートの動きが多いので当たり前ですね

もちろんエントリー回数が多いほうが
トータル利益にはなりやすいですが、
その前にその時間足が
合っているか合っていないかは
重要になってきます


時間足が短いというのは
いわゆるスキャルピング
トレードになりますが、
自分がチャートが見れる時間が少ないから
パッと見てスキャルピングで稼ぎたい、
と考えている人も多いですが
必ずしもそうとは限りません


エントリーのルールにもよりますが、
スキャルピングと言っても
どこでもすぐエントリー
出来るわけでは無いですし、
短期の時間足は動く速度も
比較的早くなるので、
自分のエントリーパターンが来るまで
チャートに張り付いていないといけない
時間が多いです


逆に15分や1時間足以上の
時間足を使ったトレードだと
比較的動きがゆっくりになってくるので、
チャートをチェックする時間は
かなり少なくて済みますし、
数時間に1回、パッと見ておいて
良さそうなポイントに
アラームをセットしといたり、
指値をセットしておく、
というくらいでもトレードできます


スキャルピングにこだわって
短い時間の中でチャートを見ても
その時間内で無理に
エントリーポイントを探して
無駄に損失を作る可能性もあります


逆にチャートを見れる時間が長いのに
ゆっくりした動きの時間足を見てても
なかなかエントリーポイントが来ないので
どこかで入れないかと
無理にエントリーポイントを
探してしまう可能性もあります


基本的には、

時間帯が限られていて
短期集中型なら1分足

長くは見れないけど
ちょこちょこ見れる場合は
5分、15分足

見れる時間も見れるタイミングも
少ない場合は1時間、4時間、日足

のイメージです

時間があってずっと見れる方は
全部取り入れるのももちろん良いと思いますし、
慣れてくれば指値、逆指値もうまく使えば
選択肢は増えてきます

自分の生活リズム、
チャートを見れる時間などを考え
時間足を決めることは大切だと考えています