FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

時間の概念とレートの概念での根拠の違い

トレードの根拠 時間とレート

トレードをする際に、
エントリーでは自分が有利である可能性の高い
根拠というのを元にトレードをすることになります

 

その根拠というのは
色々なロジックによって様々な根拠があります

 

そして、エントリーだけでは無く
決済=利益確定や損切りにも
もちろん根拠というものがあるはずです

 


相場に絶対というのは存在しませんが、
少しでも可能性が高いものに
リスクをかけて資金を増やしていく
というものになるので
その際の根拠というのは重要になってきます


そしてこの根拠を考える際に
1つの要素として理解しておいたほうが良いことが
時間の概念とレートでの概念の違いです

 


ここはあまり気にしていない
という人もいるかもしれませんが
しっかり理解しておくことで
自分が取るべき行動も変わってきたり
するかもしれません

 

では、時間の概念とレートの概念とは
何かですが、

 

ラインで言えば
水平線とトレンドライン

 

ローソク足で言えば
時間足とティックチャート

などです

 


これらは基本的な見方は同じでも、
その根拠というのは別物になります

 

例えばラインで言うと、
水平線というのはそのレートが意識されいてる
という根拠の元でトレードをしていくことになりますが、
トレンドラインというのは
その角度のラインが意識されている、
つまり時間も関係してきているということです


例えば水平線を根拠にエントリーをしたとして
その後の動きがダラダラとしてきたとしても、
その水平線=レートを根拠にトレードをしているので
時間的な考えは直接的にはそこには関係してきません

 

しかしトレンドラインの場合には
エントリー後にダラダラとしてきた場合に
損切りにかかってなかったとしても
トレンドライン根拠が崩れている場合には
時間的根拠が崩れたと考えることもできます

 

ではこのようなときに
水平線根拠のトレードであれば
まだ根拠が生きているので
途中で決済するべきでは無い、と言えますし、
トレンドライン根拠のトレードであれば
もう根拠が崩れたので途中で決済しても良い、
という風にも言えます


これは一例ですが、
このような感じで

自分がトレードをした根拠に
時間が関係してきているのか、
それともレートの根拠を重視してトレードしているのか、
というのが違うことによって
自分が取るべき行動も変わってきます

 

もちろんもっと大きく考えれば
どのようなトレードでも
欧州やニューヨークなどの市場オープンなどの
時間的要素は少なくとも含まれている
という風には言えますが、
それもどこまで考えるかは
取引する時間足や保有時間、
またトレードルールによっても
変わってくるので今回はそこはいったん
関係なくという話になります


自分がトレードする際の根拠は
時間的な概念が含まれている根拠なのか?
それともレートを重視している根拠なのか?
というのを考えると
自分自身が取るべき行動や
相場の見方も変わってくるかもしれません