FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

インジケーターを使う上で持っておくべきイメージ

インジケーター トレード

 

インジケーターには種類も様々あり
それぞれの特徴や使い方はあるわけですが、
どれが万能、というのは無いですし
それだけでトレードできるというような
インジケーターも存在はしません

 

しかしある程度視覚的に見やすくなったり
判断をする上でのサポート的な役割は
できるものもあるので、
そのあたりはまた少しずつ
説明していければと思っています

 

 

そして今回はそれを説明していく前に
しっかりとインジケーターを使う上で
理解しておいてほしいことになります

 

以前に、インジケーターは必要か、
という内容についてお伝えしたことがありますが
必要か必要で無いかでいうと必要では無いです

 

インジケーターは全くなくても
ローソク足だけで十分トレードできます
利益をあげることができます

 


そして逆にですが、
インジケーターだけを見て
トレードして安定して利益を積み上げるのは
まず難しいと思っておいたほうが良いです


よく初心者の方はインジケーターの形や
数値だけを見て、
ここがクロスしたら買い、売り、だったり
このインジにタッチしたら買い、売り、だったり
インジケーターだけを判断基準にして
トレードをしようとしますが、
まずこの状態では利益は上がらないでしょう

 

分かりやすいのは
分かりやすいかもしれませんが、
相場はそこまで単純では無いです

 


例えばEAなどはインジの数値などを元に
作成したりすることも多いので
実際それで利益も上がるものはあるのですが、
それはあくまでそのときの相場状況が
ある程度読めるスキルがあって、
その時の状況に応じてEAの稼働を
コントロールしたり微調整をしたり、
というのがあってようやく利益があがります

 

インジケーターの数値や状態だけを見て
トレードするようなトレードルールで
ずっとトレードし続けても
その時の相場状況によって利益が上がるときもあれば
相場状況に合わずに利益を吐き出すこともあり、
トータル的に見ればまずマイナスで終わるでしょう


なのでインジケーターを使うとしても
あくまで視覚的に判断を少しやりやすくしたり
というイメージで
元々環境認識や相場状況判断が
ある程度出来るうえで
サポート的に使うイメージというのを
持っておくことが重要です


インジケーターをどの数値にしたら勝てるか、とか
どのインジを組み合わせたら勝てるか、とか
そういうのを追い求めるのでは無く、
それを考えるくらいなら
ローソク足のプライスアクションや
相場上の人々の心理をまずは理解すること

 

そしてそれをある程度理解して
トレードする上で、サポート的な役割で
インジケーターも使っていく
というのは良いかと思います