FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

守られやすいラインを判断するときのポイント

ラインの引き方 トレード方法

 

ラインを使ってトレードする上で
大切になってくることは
そのラインが意識されているライン
であるかどうか、ということです

 

自分がトレードしたいがために
引きたいように引いているライン、
見たいように見ているライン、
なんていうのは
根拠としては全く意味が無い
というのはいつも言っていることですね


そして、
ラインを引いた上で確認することは
そのラインが1点だけでは無く、
2点、3点など意識されている箇所が
複数あることで他の人も
そのラインを意識しているという
事実を確認することも大切です

 

これも何度か言ってる事なので
今回は省きます

 


ラインを使ってトレードする上で
細かい事を言えば
他にもそれぞれのラインを引く定義や
ラインの見方や判断基準はいくつか
あるのですが、
今回は守られやすいラインを
見つけていくためのポイントを
1つお伝えしようと思います

 


ではどういうところを見るかですが、
それは
強い力が加わった波の起点
です

 

こういうポイントは
ラインとして守られやすいので
一度戻ってきても反転していきやすいです

 

ラインが意識されやすいポイント



チャートの分析をする上で
波を見ていると思いますが、
その波の中にも
ダラダラした弱そうな波から
一気に伸びていく強い波など
様々な波があるかと思います

 

その中で
力が強い波というのが重要なのですが、
力が強い波というのがどういうのかと言うと、
ローソク足の重なりが少なく、
連続した陽線や陰線が一方向に出ている
というような波です


今までの波に比べてローソク足の本数が
少ない本数で一方向に動いている波
というイメージですね

 

ライン 波形認識 環境認識


ではなぜこのような強い波の起点が
守られやすいかということですが、
そこから強い動きが出ている
ということは、
そこで大きな注文を入れた人がいる、
もしくはそこが重要なポイントと判断して
多くの人が注文を入れてきた
ということになります

 

今までの動きに比べて
強い力がかかっているということは
多くの資金がそこを起点として
相場で動いたということになります


この事実を確認できるのが
強い動きの波ということですが、
ではそれだけ強い力がかかったポイントに
レートが戻ってきたらどうなるか?
ですが、
そこで大きなポジションを入れてきているのなら
そこを守ろうとして再度同じ方向に
ポジションを入れてくるということもあるでしょうし、
多くの人がその節目を意識しているのなら
その節目を境に逆張り的に
エントリーしてくる人も多いということです

 

反転しやすいライン 環境認識


このことから、
今までより比較的強い波が出たら
その起点となったポイントを
意識して見ておくのも良いかと思います

 

そのポイントまで戻ってきたら
守られて直近まで伸びていく
ということも多いので
そのレンジを取っていくというのも
結構有効に使っていけるかと思います

 

 

ただ、1つ注意しておいたほうが良い事は
強い力がかかっている波の起点だからと言って
あまりに古い波だったら
そこで強い力を加える要因となった
トレーダーは既に利益確定だったり
ポジションを決済している
という可能性も高いので、
また同じレートが意識されるかというと
それは根拠的には弱くなります

 

なので特に直近で強い力が加わったような
波という場合にはトレードにも
使っていける場面も多いので
意識して見てみれば良いかと思います