FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

取引量が明らかに少ないような状況での勝負は避ける

FXトレード 取引時間帯 

 

テクニカル分析を元にトレードする上で
注意しておいたほうが良いことの一つに
今現在の相場の取引量が明らかに少なく無いか
というのがあります

 

そもそも取引量というのは
通貨ペアによっても違いますので、
普段から取引量が少ないような
金利通貨、マイナー通貨は
監視通貨ペアにしないほうが無難というのは
前提だと思ってください

 

今回はそういうことでは無く、
各通貨ペアにおいてそれぞれの
普段の取引量に比べても極端に取引量が
減っている状態という意味です


なぜ取引量が減っている状態で
トレードをしないほうが良いかといえば、

 

・テクニカルが機能しづい
・スプレッドが不安定
・突発的な動きが起こりやすい

などです

 


トレードをする上で
トレードルール、手法は様々ありますが、
どのようなやり方でも
どんなパターンのときにはこうなりやすい、
という確率論の元で勝負をしていく
ということになりますが、
簡単に言えばこの確率論が適応しにくい状況
というのが取引量が極端に少ない状況
だと思ってください


そもそもチャートがパターン通りに
動きやすいというのは、
多くの人の心理状況や手法などがあり
その多くの人がその場面で毎回同じような
判断や行動を起こすので、
毎回同じように動く可能性が高い、
再現性が高い、ということになります

 

しかし参加者が少ない相場では
見ている人、取引をしている人も少ないですし、
その分いつもに比べるとちょっとした注文でも
相場が突発的に動くこともあります


わざわざ不安定な動き、
規則的では無い動きになる可能性が
あるようなポイントで勝負をして
普段よりもリスクを増やす必要はありません

 

 

例えばメインの市場が閉まっている時間帯や
祝日で休場の場合などは
取引量が少ないことが多いので
エントリーパターンが出たからといって
あまり無理してトレードをしないほうが
無難のことも多いです


ただ一応お伝えしておくと、
取引量を気にしすぎると勝負できる場面が
かなり減ってしまうこともあるので、
あまり普段から気にしすぎる必要は
無いかと思います

 

たまに毎日のボラリティーの平均の数値を
図って計算していたり、
かなり細かく気にしている人もいますが、
それが悪いという訳ではないですが
そこまで日々のトレードで神経質に
なりすぎる必要は無いと思っています


逆に長く動きの無いレンジをブレイクして
一気に動いていくこともあるので、
あまり日々リアルタイムにボラを気にする
という訳では無く、
いつもより極端に取引量が少ないのが
分かるような状況、時間帯のときだけ
トレードをしないようにする
別の取引量がありそうな通貨ペアをトレードする
というように考えておけば良いかと思います