FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

エントリー前の切り上げ切り下げ確認のイメージ

エントリーポイント 反転確認

 

エントリーの際にしっかりと
意識されているラインで反転して
自分が狙っている方向に優位性が出たことを
確認してエントリーしていくことが
大切になります

 

そうすることでエントリー後に
すぐ逆行したり、無駄な損失を作ったり
ということを減らすことができます

 

そのためにエントリーの前には
小さな波形での切り上げ、切り下げを
確認してエントリーしていく
というのをお伝えしています

 


しかし、どうも切り上げ切り下げ確認が
弱い人が多いように思うので
今回は少し別の伝え方でイメージを
持ってもらえればと思います

 


まず、全体的に色々な人の
トレードを見てて思うのは、
切り上げ確認、切り下げ確認が
しっかりできていない
り上げ切り下げのために
見ている波形が明らかに小さい
ということが多いです

 

エントリーポイント エントリータイミング

 

これは早くエントリーしたい
このまま伸びてしまったらどうしよう
少しでも損益率を良くしたい
という気持ちからだと思いますが、
このような気持ちは無駄な損失を
量産するだけなので一切必要ありません

 

 

そもそも
切り上げ確認、切り下げ確認というのは
自分がエントリー前に環境認識として
認識している波形のサイズから
一回り小さい波形のサイズを
認識することになります

 

自分が環境認識している波形では
1つの波形に見ているところでも
その中には波形が存在するので、
その波形を認識していくということですね

 

そして自分が環境認識している波形と
エントリータイミングを図るために見ている
一回り小さな波形が同じ方向になれば
優位性のあるトレードができるということです

 


このとき、切り上げ切り下げという形で
お伝えをしてますが、
別の言い方をすれば三尊、逆三尊
(ヘッド&ショルダー)をしっかり見る、
ということになります

 

そして三尊(ヘッド&ショルダー)の
右肩も左肩もある程度同じ大きさ程度の
波形をしっかり認識すること


これが切り上げ確認、切り下げ確認です

 

エントリーポイント 三尊 逆三尊



多くの人は左肩の波形の大きさに対して
右肩の波形の大きさが明らかに小さい、
もしくは切り上げ切り下げていないのに
エントリーしている、
という状態が多いです

 

これが早くエントリーしたい、
このまま伸びてしまったらどうしよう、
少しでも損益率を良くしたい、
というような気持ちからですね

 

もし切り上げ確認、切り下げ確認、という
イメージで少し分かりづらい人は、
しっかりとこの三尊、逆三尊
(ヘッド&ショルダー)を意識してみると
分かりやすいかもしれません

 


自分が環境認識として見ている波形での
押し戻りの中に、しっかりと三尊逆三尊が
作られて反転していってるか
そして左肩、右方の大きさはある程度
同じ大きさで見れているか
ここをしっかりと意識することです

 


そしてその三尊逆三尊で
トレンドの切り替わり
=トレンド終了ラインを抜けてからの
切り上げ、切り下げの確定が見れて初めて
調整波が自分の狙う方向に向いた
と判断できるということです


なのでただ三尊、逆三尊ができたからと言っても
その中の左肩、右肩の位置関係によっては
トレンド転換が起こっていないことになるので
これはNGです



もう少し細かいことを言えば
更にそのパターンを確認するだけでは無く
どのように反転したか、というのも
見ることは大切になってきますが、
それは今回は省略しておきます

 

まずは自分自身が
切り上げ確認、切り下げ確認
というのをしっかり理解して
意識した上でエントリーできているか
そしてしっかりそのエントリーポイントの形が
作られるまで待てているか
というのを考えてみてください