FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

今現在意識されている抵抗をローソク足から見極める

エントリーポイント 抵抗確認

 

エントリーの際には
上位足のラインや過去に意識されたライン
などでは無く、それよりも
今現在意識さているライン、抵抗を
考えていく必要があるというのをお伝えしました

 

チャートの時間足を切り替えたり
過去を遡らなくても
今現在意識されている抵抗、というのは
ローソク足の状態から見つけていくことが出来ます

 

そしてこのローソク足の状態から見つけた
今現在意識されている抵抗というのが
自分がトレードを仕掛ける上で
すぐ近くに存在する反対目線の敵だったり
自分とは別の見方をしている人たち
ということになるので、とても重要になります


ここを確認せずにエントリーしていくと
その抵抗帯で跳ね返されて損切りになる、
という場合もあるので
逆にここをチェックしていくことで
より勝率を上げていくことが出来ます

 

 

では具体的にローソク足から
抵抗帯を考えるときにどういうところを
見ていくかですが、
意識されている抵抗帯=そこでローソク足が止まる、
跳ね返る、ということが考えられます

 

なので
ローソク足が同じレートで止まっている
という場所を見ていきます


これはローソク足レベルで見ていくので
かなり細かい見方になってきます


同じレートで止まっているローソク足
というのがエントリーをする直前の
調整波や推進波の中にあるかを見ていきます

 

 

エントリーポイント 抵抗確認


通常、ラインが意識されているかは
認識している波の高値が2回、3回と
意識されているかを見たりしますが、
波のレベルでは無く、もっと小さく
ローソク足レベルでそれを考えていく、
ということです


ローソク足が2本以上
同じレートで止められいてる箇所がある
というのは、

 

ローソク足の高値か安値が綺麗に揃っている
もしくは
ローソク足の高値、安値が綺麗にサポレジ転換して
意識されているような箇所がある

 

という感じになります

 

 

これらが見られる場合には、
これらを抜けてからエントリーを考えたほうが
無難ということになってきます


このようにエントリーをする際に、
波のレベルでのラインや抵抗を考えるのでは無く、
ローソク足レベルでの抵抗を細かく見ていくことで
より勝率の高いトレードをしていくことができます