FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

レンジの中にトレンドは存在しトレンドの中にレンジも起こりうる

トレンドの中のレンジ レンジの中のトレンド 環境認識

 

トレードを行う中で、今現在の相場環境が
トレンドなのか、レンジなのか
というのは重要になってきます

 

トレンドの相場状況であれば
トレンド狙いでのトレードルールで
利益を上げていくことが出来ますし、
レンジの相場状況であれば
レンジ狙いでのトレードルールで
利益を上げていくことが出来ます

 

相場環境はレンジなのにトレンドと判断して
トレンド狙いのトレードを仕掛けていく
ということをすると勝てないということですね

 

 

これは以前にもお伝えしていることなのですが、
相場環境を認識していく中で
どこまでをレンジと考えて、
どうなったらトレンドと判断するのか
実際のチャート分析になると迷うという声も聞きます

 

もしトレンド、レンジの
それぞれの定義が定まっていない
という場合には自分の中で
どうなったらトレンドと言えるか、
どうなったらレンジと言えるか、
というのをもう一度見直してみてください


今回はトレンド、レンジの定義は定まっているけど
それでも実際のチャートに当てはめて環境認識を
しようとすると今現在がレンジとして考えるべきか
トレンドとして考えるべきか迷ってしまう、
というような方への参考になればと思います

 

 

今現在がトレンドかレンジかどうか、
というところで一番迷うところが
どこまでをレンジとして考えるべきか
という部分かと思います


ここに関して先に結論を言うと、
基本的に
レンジの中にトレンドは存在するし、
トレンドの中にレンジは存在する

 

なので、自分がどこの時間軸のどの動きを基準に、
どのようなトレードを仕掛けるか
という認識をブレないようにすることが大切です

 

そしてもし余裕があるなら
このレンジの中のこの動きのトレンドを
自分は狙いに行く
というくらいのイメージは持てるように
なったら良いと思います

 


ではもう少し詳しく説明していきます


例えば1時間足で綺麗に
レンジを作っているとしましょう

 

トレンド レンジ 環境認識

レンジなので基本的には
レンジ下限での買い、もしくは
レンジ上限での売りを考えます

 

この状況でトレンドだと思って
エントリーを仕掛けて行ったり、
レンジの上限でも下限でも無く
中間などでちょこちょこ利益をとりにいこうとすれば
無駄な損失を積み重ねやすいです


しかしこれはあくまで
この1時間のレンジという判断での話ではあります

 


ではこの1時間のレンジの中を
1分足で考えるとどうでしょうか?

 

レンジの下限から上限まで到達するということは
必ずそこにトレンドが発生していますし、
上限下限のラインで反転するということは
トレンドの転換が起こっています

 

トレンド レンジ 相場環境

もちろんそのトレンドの動きの中に
レンジを作っているかもしれませんし
レンジの途中でも何度かトレンド転換を
繰り返しているかもしれません


1時間でレンジだから
1分でもずっとレンジというのは
まずあり得ないですよね

 

レンジを往復しているという時点で
必ずトレンドが出ています

 

 

分かりやすく1時間足と1分足というので例えましたが、
これが別の時間足でも同様です

 

つまり何が言いたいかというと、
自分が勝負するのが1分足なら
1分足でトレンドなのかレンジなのかが重要であり、
15分足や1時間足がどうだから、
というのは気にしすぎる必要は無いですし
気にしたらキリが無いです


エントリーを考えるときに
チャートを小さくしてみたり、
上の時間足に切り替えてみたり、
というのでレンジでは無いかというのを
確認してみるという人もいるかと思いますが、
言ってしまえば

チャートは基本的にどこかの時間足の
レンジの中であるとも言えます

 

それが1時間足なのか日足なのか週足なのかは
その時々によっても違うでしょうけど、
そこまで上の時間軸を考えれば
どこかのレンジの中で動いているだけ
の可能性は高いです


しかしでは1時間足の中のレンジだったり
日足、週足がレンジだから
トレンドが狙えないかというと
全くそんなことは無いですし
トレンドが発生している時間軸においては
トレンドを狙ったトレードで
利益を積み重ねることは可能です


なので
自分がどの時間軸の動きを基準として
環境認識をしているのか、
そして動きを狙いにいくのかということを
しっかりと考えて、
その動きにあった判断をしていくこと

 

逆に言えばそれ以外のものは
気にするとキリが無いですし
判断の邪魔になることも多いので
見る必要の無いものは全く見な
というくらいで良いと思います

 

こちらもCHECK

『レンジ相場の基本的な定義とは何か』

『ダウ理論を用いて現在の環境を認識する』