FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

プライスアクションを見る際に理解しておくこと

プライスアクション トレード根拠

 

テクニカル分析において
ローソク足のプライスアクションを
しっかりと一つ一つ見ていく事は
とても重要なことであると考えています


そもそもプライスアクションと言っても
色々なローソク足の形であったり、
それぞれのローソク足の形において
基本的にこうなりやすい
というような考え方などがありますが、
これらを知っているだけでは
使い物になりません


この足が出たからこうなりやすいはず、
だから買おう、売ろう、なんていう
見方をしていたら当たり前ですが
全く勝てずに資金を失う一方になるでしょう


様々なローソク足の形や
基本的にこういう見方や考え方をする、
というのは最低限知っておく必要はありますが
もう一つ重要なのは
それらがどのような場合は有効と判断して
どのような場合は無効だと判断するか
という判断基準です

 


つまりプライスアクションで重要なのは
そのローソク足が出たときに
どうなりやすいかという事だけでは無く、
そのローソク足がどこでどのように出たときに
そうなる可能性が高いと判断できるか
ということろまでをしっかり理解しておく
ということです

 

 

では、もう少し具体的に
説明をしていきます

 

プライスアクションというのは基本的に
このローソク足が出たら反転しやすい、であったり
この方向に伸びていきやすい、
というようなものが多いです

 

そして、ここで重要なのは
例えば反転を意味するプライスアクションであれば
反転する可能性の高いポイントでそのローソク足
出現しているか、ということ

 

ここから伸びていくことを意味する
プライスアクションであれば
ここから伸びていく可能性が高いポインで
そのローソク足が出現しているか、ということです

 

つまり、
反転を意味するプライスアクションが出たから
反転の可能性を考える、では無いですし、
勢いを意味するプライスアクションが出たから
ここから伸びる、ではありません

 

プライスアクションはトレードにおいて
重要な根拠の一つとなりますが、
それ単体で根拠になることはまず無いですし、
あくまで他の根拠や環境があったうえで
1つの証拠確認として存在する
というようなイメージを持つことです


ここを間違うと
いくらプライスアクションを知って
ローソク足が見れるようになったとしても
全く意味が無いと言えます

 

むしろプライスアクションに引っ張られて
目線がブレたり、無駄な損失を増やすことも
考えられます

 

あとは
反転する可能性の高いポイントで
反転を意味するプライスアクションが出ても
それがその通りに機能するときもあれば
機能しないときだってあります

 

なのでもっと言えば
更にどんな状況のときは
よりそのローソク足を信用できるか?
というのも理解をしておいたほうが良いです

 


また、今回プライスアクションという形で
お伝えをしていますが、
チャートパターンやその他のことのにおいても
全く同じことです

 


トレードにおいて大切なのは、
色々な知識をつけてそれをただ組み合わせる
ということではありません

 

むしろ色々な見方を組み合わせるだけだと
これを見ると買いなのに、こっちを見ると売り
になっていて今現在どのようにトレードすれば良いの?
みたいなことになって余計混乱するだけです

 

そうでは無く、
自分の中で今現在の目線や環境認識は
ブレずにがっちりと固めたうえで、
その方向へのエントリー根拠となる材料を
いかに確認して手堅いトレードをしていけるか
ということが大切になってきます

 

今の自分のトレードの精度を上げるため、
そしてよりチャートの理解を深め
根拠の強いトレードをしていくため、
そのためにプライスアクションを知り
使いこなしていけるようになるのであれば
トレードのレベルアップにつながるかと思います


また具体的な判断基準などについては
別で説明しようと思います

 

CHECK

『プライスアクションが有効であることが多い場面』