FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

プライスアクションが有効であることが多い場面

プライスアクション 環境認識

前回プライスアクションを見る際に
意識するべきことについて説明しました

 

▼先にCHECK

『プライスアクションを見る際に理解しておくこと』

 

今回は、もう少し具体的に
どのような場面であれば
そのプライスアクションが有効だと
考えていけるかということについてです


前回の中でも
反転を示すプライスアクションであれば
反転する可能性の高いポイントであることが
大切だというのはお伝えしました


で、反転する可能性の高いポイントとは
どのようなポイントか?
ということについてですが、
これは、一番そのポイントと言えるのはライン
ということになります

 

トレンドラインや水平線など
ラインにもいくつか種類もありますが、
基本的にエントリーをする際は
ラインへの押し戻りを待って
ラインからの反転を狙っていく事になります

 

そしてこのときに
他の人たちも意識しているラインを
見るべきだというのは今までもお伝えしていますが、
他の人も意識しているということは
そのラインでは買いと売りの攻防が
起きることになります

 

そしてこのときの攻防の結果出来上がった
ローソク足やチャートパターンというが、
反転する可能性の高いポイントで出来た
反転パターンということですね

 

ラインでのプライスアクション


このように、
まずローソク足のプライスアクションを見る上で
ライン上やそのラインのすぐ近辺で
出来上がったローソク足を見ていく事で
そのプライスアクションはより根拠の強い
プライスアクションとなりやすいです

 


そしてもう1つ大切なポイントとして
ラインで一度跳ね返されてから
次の押し戻りでのプライスアクションも
重要になってくることが多いです

 

ライン反発後のプライスアクション

 

これがなぜかと言うと、
ラインでどのような動きがあったのかというのも
どれだけそのラインを意識している人がいたか
というのを示す証拠とはなるので
大切ではあります

 

しかし、ラインに戻った際の動きは
あくまで一度ラインでどのように
決着がついたかだけの動きであり、
ラインで一度決着がついたから
そのまま反転していくという訳ではありません

 

ラインで一度跳ね返されそうになったものの、
結局もう一度ラインに近づいて
そのまま抜けていく、
ということも考えられますよね

 

そこでラインに戻ってから跳ね返され、
その次にまたラインの方向に戻されたときに
どのようなプライスアクションが出るか
重要になってきます

 

ここで反転サインのプライスアクションが出て
再度反転してきたということは、
もうそのラインブレイクは否定された
という根拠として考えることが出来るからです

 

プライスアクションの場所と理由を考える

 

 

このため、
ラインに戻った時のプライスアクション
そしてその次の戻りのプライスアクション
というのはとても有効なポイントとして
考える事ができます


もちろん他のポイントでも
プライスアクションは意識されますが、
特に今回お伝えしたライン上(ライン付近)と
その次の動きでどのようなローソク足
見られるかというのを意識して見てみると
より根拠の強いトレードが出来るように
なってくるかと思います

 

▼次にCHECK

『プライスアクションがあまり意味のない場面』