FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

トレンド狙いのエントリーで綺麗に伸びていきやすいポイントは?

トレンド狙いのトレード 環境認識

以前に、
今からする自分のエントリーの
優位性がどれだけあるかを考える、
ということについて説明する際に
自分と反対側の目線の人たちがどれだけいて
その人たちが諦めるポイントや
その人たちがあまりいないようなポイントで
勝負をしていくことが大事だ、
というのをお伝えしました


自分がこれから買おうと思っているのならば
今現在売ろうとしている人や
売っている人たちがどれだけいて、
その人たちは今現在どのような状況にあるか?
というのを考えて見ることが大切という事ですね

 

 

これは勝率を安定させていくためには
必須の考え方だと思っていますが、
この考え方と同様で、
自分がトレンドを狙っている際に
反対目線の人たちがどういう人か?
というのを考えたときに
それは、レンジと見ている人たち
というのが存在します

 

例えば今現在自分が
トレンドという判断で買いを狙っているときに
売ってくる人は直近の高値だったり
何かしらの抵抗線を意識して逆張り的な
エントリーを仕掛けていることになります

 

トレンド狙いで伸びやすいポイント1


これは今現在がトレンドでは無く
レンジの高値付近まで戻ってきたから
そろそろここから反転していくだろう
という考えのもとで
売ってきているとも考えられます


ちなみに
上位足などを考えればレンジというよりは
反対目線のトレンドの押し戻りだったり
ということもありますが、
そこまで考えていくときりが無いので、
そこは今回は省略します

 

 

で、要するに、
トレンドを狙う上で自分自身がやられやすい場面は
実際はレンジと見ている人が多い場面
逆にレンジを狙う上でやられやすい場面は
実際はトレンドと見ている人が多い場面

ということです

 

エントリーの際に見るべき要素は
もちろん他にもありますが、
よくやられやすいパターンとしては
このような状況判断が出来ていない
という原因が考えられます

 

 


ではこれを元にどういう場所で
エントリーを仕掛けていけば
ストレスなく伸びていきやすいか?
という事ですが、シンプルな話、
誰が見てもトレンドだと言えるようなポイント
という事です


これはもっと簡単に言えば
チャートの左側に何も無いような状況
ということです

 

トレンドが伸びやすいエントリーポイント

 

自分がエントリーしようとしているチャートで
左側にチャートがごちゃごちゃしているような
状況というのはそもそもレンジだと
判断している人もいるでしょうし、
それぞれの高値安値が抵抗になる可能性は
あり得るという状況です


そのような状況の中で
波形を描いているからと言って
無理にトレンド判断でエントリーをして
結果的にやられるという事は多いです

 

もちろん左側に何もない状況で無くても
トレンドの判断でとっていくことは可能ですし、
絶対にエントリーしてはいけない
というような事では無いですが、
ストレス無く伸びていきやすい環境、
という面で言うとチャートの左側に
何も無いような状況は素直に伸びていきやすいです


直近の抵抗を意識する人も少なくて
レンジであると判断する人も少ないので
トレンド判断で同じ方向に
エントリーしてくる人が多い状況となるので
当然のことですね

 

 

ちなみに左側に何もない、というのは
過去チャートを遡ったら
いくらでも抵抗になりそうなポイントは
出てくると思いますしきりが無いので、
そこまでは気にしなくても良いと思います

 

今現在表示しているチャート上で
左側に何も無いような状況で、
レンジのブレイクやトレンド転換が起これば
そこからトレンドが発生して
伸びていく可能性が高いという事になります

 

 

トレンドの状況でエントリーしているつもりでも
なかなか思うように伸びない、
エントリー後に逆行してきて損切りになってしまう、
というような人は
トレンドだと思ってエントリーしているつもりでも
実際はレンジの状況でエントリーしている
という事も考えれるので、
このあたりを意識してみると
トレンドをとっていきやすくなるかもしれません