FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

トレードは事前に相場に入場料を払う必要がある

トレード 損切 損失の考え方


トレードにおいてメンタルは
とても大切になってきますが
その中でも特に大事なことの一つが
お金に対しての感情コントロールです

 

トレードで利益を上げれば喜び
損失を出せば悔しく悲しみ、
このような状態では安定して
利益を上げていくのは
まず難しいです


初心者の方や
まだトレードに慣れていない方は
目の前のお金の増減に対して
感情が揺さぶられ、
かなり短期のスパンでの
資金の変動に対して
メンタルも大きく変化してしまいます

 

しかしトレードで利益を
上げていくためには
利益、損失両方に対して
常に受入れ、メンタルがブレず
トータル的に長期スパンで
利益を積み上げる考えを持つことが
とても重要になってきます

 


いきなり全くメンタルをブラさずに
トレードをしろと言われても
難しいとは思いますが、
エントリーをする際に一つ
しっかりと考えを持っておいたら
良いかと思うことがあります

 

 

それは、
トレードをするためには毎回
必ず前払いの入場料がいる
ということです

 

この考えがあるのか無いのかでは
全くトレードに対しての考え方
メンタルコントロール
変わってくると思います

 


トレードをするための
前払いの入場料というのは
どういうことか

 

これは今からするトレードで
利益を期待してエントリーを
するのでは無く、
あらかじめ今から出るであろう
損切り分の金額、
これが入場料であり事前に
支払う必要がある

という考えです

 


エントリー前に損切り幅を決め
ロットコントロールをしていれば
からしたエントリーで
損切りになった場合に失う金額は
あらかじめ分かっているはずです

 

これがトレードをする上で
必要になってくる入場料なので
まず先に払わなくてはいけません

 

その後利益が出るかどうかは
全く別の問題です


もちろん利益が出る可能性の高い
根拠のあるポイントでエントリーを
していくわけですが、
それが利益になることを想定して
その気持ちでエントリーをするから
損切りになったときのメンタルが
やられるわけです


そうでは無く、初めから
入場料、参加費用を支払ってから
相場に参加してトレードをするので
負けても想定内であり、
買った場合だけプラスになります

 


宝くじだって、競馬だって
競艇だって、カジノだって
なんだって基本的に
先にお金を支払って賭けますよね

 

勝ちは狙っているけど
あらかじめ自分が決めた金額を
失う覚悟で支払います

 

トレードもそれと同じです

 


しかしトレードの場合どうも
後から損失になってしまった、
というような
マイナスになる想定をしていなくて
勝つことばかりを考えている人が多いので
メンタルがブレるのです

 


今からエントリーをする、
というのであれば
今からそのトレードをするには
相場に入場料をいくら
払わなくてはいけないのか

 

そして何%の確率では
プラスになる可能性があるけど
何%の確立ではその入場料は
支払ったきり戻ってこないのか

 


この考えをしっかり持って
エントリー前から
入場料、参加費を支払うという認識で
トレードをしていくことは
メンタルをブレさせないうえで
大切な考え方だと思います