FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

包み足(アウトサイド)は強い反転のプライスアクション

包み足 アウトサイドシグナル プライスアクション

 

ローソク足のプライスアクションにも
色々なプライスアクションがありますが、
その中でも強い反転のサインとして
見ていく事が出来るのが
包み足(アウトサイド)です

 

まず包み足がどういう足かと言うと、
左側のローソク足に対して
安値も高値も両方が1つのローソク足
包んでいる状態ローソク足です

 

包み足 アウトサイド プライスアクション

 

例えば陽線の包み足であれば
左側のローソク足に対して
一度安値を更新した後に、
高値も更新しているというのが
1本のローソク足で起こっている
ということです

 

陰線の包み足であればその逆で
左側のローソク足に対して
一度高値を更新した後に、
安値も更新しているというのが
1本のローソク足で起こっている
ということですね


包み足は結構チャートの中でも
多く存在するローソク足なので、
意識して見てみると色々な個所で
見つけることが出来るかと思います

 

初めは見つけるのに時間がかかったり
見落としがあったり、などすると思いますが
慣れてくればすぐ見つけていけるように
なるかと思います

 


実際チャートを見てみると
分かるかと思いますが、
包み足が出てから反転している、
戻されている、というようなポイントは
結構多いです

 

その方向へ流れが出だすときに
包み足が出てから流れが出ている
というようなことが多い感じですね

 

包み足 プライスアクション アウトサイド


 


ではなぜ包み足が意識されていることが
多いのか?ということですが、
包み足に限らず

プライスアクションを
理解する上で大切なのは
そのローソク足がどのような過程で
出来上がっているか、
ということが大切になります

 

そこで包み足の完成の過程を
考えてみると分かってくるかと思いますが、
陽線の包み足であれば
一度前回安値を更新してから、
安値更新をしたのにも関わらず
次は高値更新もその1つのローソク足
しているということですよね

 

一度売りが入ったにも関わらず
その方向に売りの力が続かず、
むしろそれよりも強い買いの力が
入ってきているということが分かります

 

包み足 ローソク足

 

初めの売りの力では
左側のローソク足の安値を更新しているので
そこで売り方向だと思った人は売ってきている状態で、
でもその売りは続かずにすぐに戻されてしまって、
売っている人からすればダマシを
掴まされたというような状態とも言えますね

 

そして直前の足の高値を
更新できる力があったということなので、
ここで買いだと思っている人も
多かったということになります

 

その結果
売りのダマシを掴まされた人は
その後損切りを入れる=買う
という可能性も考えられますし、
売りでは無く買いで見ている人も
多かったということが考えられるので
包み足が出たらその方向に
伸びていく可能性が高い
ということが言えるわけです

 

包み足 反転サイン

 

今は陽線で説明しましたが
これが陰線でも売りと買いが逆なだけで
全く同じですね

 


これらの理由もあり、
包み足(アウトサイド)は
反転のサインとして強いことも多く
有効な場面も多いです

 


まずはチャート上でしっかり
見つけていけるようになること、
そしてしっかり使っていけるようになれば
1つのトレード根拠として
有効なものになります

 

 

CHECK

はらみ足(インサイド)は要注意なプライスアクション