FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

ブレイク幅をしっかり見たほうが良い理由

ブレイクライン 水平線 ライントレード


ブレイクラインでのトレードをするときに
そのブレイクラインを抜けてからの
押し戻りを狙うのが基本ですが、
そのときにしっかりとブレイクして
ある程度の値幅をブレイクできているか
というのは大切になってきます


慣れてくればブレイクの値幅が小さくても
ローソク足などから判断して
エントリーしていくことも可能ですが、
初めのうちはブレイクラインでのトレードは
しっかりと一度ブレイクしてからの押し戻りを
狙うほうが安定します

 

ではなぜブレイクしてからの値幅が
しっかりとあるほうが良いのか、
というところについてです

 

 


まず、基本的にラインというのは
買いと売りが拮抗する場所になります

そのラインを背にラインタッチや
ライン近辺で逆張りを入れてくる人たちがいます


そしてラインでいったん利益を確定しようと
利益確定を行うのも反対売買なので
逆張りと同じような力が働きます

 

ブレクラインで言っても
基本的に前回の波の高値や安値
あたりを見ますが、
ここにも前回高値や安値で
逆張り的なエントリーや利益確定を
してくる人たちは存在します


なので買いと売りの拮抗、
せめぎ合いになりやすいのです

 

 


では例えばライン付近で
売りを入れたとしましょう


でもエントリー後上がってきてしまって
少しだけラインを越えてしまいました


このときにラインを超えた瞬間に
損切りをする人もいると思いますが、
少しくらいラインを超えただけでは、
ここからまだ戻ってくると思って
保有し続ける人たちも多いです

 

ブレイクライン ライントレード 値幅

 

ではラインを少しだけでは無くて
大きく、勢いよく超えてきたらどうでしょうか

売っている人は早く逃げないと危ないと思って
急いで損切りをする人が多いです


その結果売りの人たちは、
もうここは売れるポイントではない、
売りで勝負をするのはやめよう、
売りを入れてくるのを諦めます

 

このときにどうなるかというと、
売り目線の力がほとんどなくなるので、
一時的に買いの力が優勢な場面が訪れます


この買いの力が優勢な場面、
ここで自分は買いで勝負をしていくのです

 

それを見極めるために
ブレイクをしっかり見る、ということです

 

 

ライントレード ブレイクライン エントリー

 

しっかりと明確なブレイクが見れたら
その反対側のポジションを持っていた人は
もう反対方向は諦めるのです


そしてその人たちの損切りもあるので
しっかりとした明確なブレイクが出来上がるのです

 

チャートは基本的にどこでも
買いと売りが常に存在し、その結果価格が
上下に動きます


買いも売りも同じように存在する場所で
エントリーをしても、どっちに行くかは
全く分かりません


しかし片方がもうだめだ、と
諦めたポイント、損切りをしたのが分かるポイントは
反対側の力が一時的に有利になるのです


この瞬間を狙ったほうが勝率も上がりますし
ストレスの無いトレードが出来ます

 

 

このことからブレイクラインでの
トレードをするときには明確なブレイクが
見れてからの押し戻りを狙う
反対側の目線の人たちが
弱ったのを確認してから狙う

ということです