FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

飛び乗るくらいなら見送る

トレード やってはいけない 飛びつき

 

トレードの初心者に多いのが、
ローソク足の動きを見てこのまま
伸びそうだから、と飛び乗ることです

 

本来自分が待っているポイント、
待つべきポイントまで来ていないのに
このまま伸びていってしまったら
エントリーが出来ない、と思って
ローソク足の動きに飛びつきます

 


トレードでこのようにローソク足
動きに惑わされて、飛びついても
だいたい良いことはありません

 

ローソク足のいきなりの強い動きは
ダマシの場合も多いですし、
その後一度戻ってくることも多いです

 


ローソク足の動きで飛び乗ってしまうと
エントリーにも明確な根拠が無く
ストップロスを入れるポイントも
明確なラインや守られるべきポイントでは
無くなってしまうことが多いので
戻ってきて切られる場合が多いのです


このような行動はエントリーのことしか
考えておらず、その後の利益確定や
戻ってきた場合の損切りのことを
考えていない場合がほとんどです

 


ローソク足やチャートの動きを
熟知している上級トレーダーなら
そのときの動きに応じてエントリーも
決済も的確に判断することは出来ますが、
まだ安定して利益を上げれていないような
方がこのようなエントリーをするのは
まず絶対にいけません

 


エントリーの際には明確な根拠があり、
エントリーの前から利益確定ポイントと
損切りのポイントを決めてから入るべきです


もし自分がエントリーを考えているような
ポイントまでローソク足が来ないのなら、
どこで入ろうでは無くて、
見送ることをまず考えるべきです


自分の優位性、根拠は活かすことが
出来ないということなので、
そんなところでエントリーをするほうが
無謀すぎます

 


確かに中には飛び乗ったら
利益になったポイントもあるかもしれません


しかし1回2回うまくいったからと
それを続ててはいつか必ず痛い目を見ます

 

トレードは絶対に自分のルール通りの
根拠のあるポイントのエントリーだけに
絞るようにしてください

 


そして、もし自分のルール通りのポイントに
来なければ仕方ない、
それで伸びていってしまって見送っても
それは正しい選択肢である
という考えをもっておくべきです

 


そのときはまた別のエントリーチャンスを
待てばいいだけです
必ずチャンスはまた来ます


ローソク足の動きに惑わされて
ルールを無視して変なところで
エントリーしてしまわないように
注意しましょう