FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

ナンピンは戦略的かつ計画的に行う

トレード ナンピン 手法

 

トレードにおいてナンピン
使い方次第では武器にもなりますし
逆に自分の首を絞めることにもなります

 

使うべき場面をしっかりと見極め、
使いこなしていくことが出来れば
ナンピンを使って利益を増やすという
トレード方法も行っていくことは出来るので
そのことについて今回は
お話しようかと思います

 


まず初めにナンピンをする上で
一番大切なことを言っておくと、
全てのポジションが損切りになったとしても
そのリスクは通常のトレードと
変わらないような資金管理が行えているか
ということです


例えば普段資金に対しての
3%のリスクでエントリーしているのに
追加でナンピンで+3%、
さらに追加で+3%、
そのままもし全部のポジションが
損切りになったら-9%、みたいな
金管理は絶対にダメだということです

 

トレードは基本的に1回1回の
勝ち負けはあまり関係ありませんが、
これが1回の負け金額が通常よりも
大きいとなれば話は別です

 

必ず負けても大怪我では無く
軽傷で済ませ、すぐに回復できる
余裕を持たせておくことが重要です

 


ではナンピンにおいての資金管理は
どのように行うかというと、
あらかじめどこでどうなったら
ナンピンするかを全て事前に決めておき、
その計画がある状態で

一番初めのポジションもロットを調整して
エントリーしていくということです


例えば通常のトレードでのリスクが
3%なのであれば、
ナンピンを1回後でする可能性があるなら
初めに1.5%のリスクでロット調整して
エントリーを仕掛ける、
そして追加のナンピンでも1.5%の
リスクで追加エントリーをして
全て損切りになっても合計で3%
となるようにします


もしナンピンを後で2回する
可能性があるというなら
同じ考えで始めのエントリーは
リスク1%、追加の2回もそれぞれ
1%ずつのリスクにするということです


このように初めから事前に
ナンピンをする計画を立て
それに応じたロット調整により
損切りになったときに失うリスクを
コントロールしていきます

 

 

では次にそもそもどのような場面で
ナンピンを仕掛けるという計画を
立てていくかという部分です


これは、損切りの幅に対して
利益確定まで近い場合で
リスクリワードはあまり良くないけど
このまま伸びていってしまう
可能性もある、というような場面です

 

そしてとくにその中でも
もう一度押し戻りを作って
少し戻ってくる可能性も考えられる
というような場面になります

 


一度戻ってきそうだからと
様子を見ているだけだと
そのまま伸びていってしまう
かもしれないし、
だからと言って普通にエントリーを
仕掛けていっても、
エントリー価格としてはあまり
優位な場所では無い

 

このような場合に
ナンピンをすることも考えたうえで
初めのエントリーをロット調整しつつ
エントリーしていく形です

 

トレード ナンピンの方法


そしてそのままTPに到達すれば
初めのエントリー分だけが
決済される形になりますし、
もし一度戻ってきた場合は
ナンピン分のロットも追加して
通常通りのリスクをとって
利益確定ポイントまでを狙って
取りに行く、ということです

 


このような考えで上手くロットを
調節しつつチャンスを
しっかりとっていくことが出来れば
リスクを抑えつつ利益を積み上げる
というような機会も増えてきて
1つの武器にはなるかと思います


ナンピンをする上で大切な
金管理、ロット調整
そして戦略的で計画的であること

 

これをしっかり意識して
使いこなしていけるようになれば
良いかと思います