FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

プロトレーダー・専業トレーダーは月利はどれくらい上げるか

プロトレーダー 月利 どれくらい

 

プロトレーダーの人は
月利はどのくらい上げていますか?

専業トレーダーの
年利、月利の目安はどの程度でしょうか?

というような質問をよく頂きます


これからFXなどのトレードを
頑張って勉強していこうという方や、
今頑張っているけど
まだ結果は出ていない方などで
どの程度の月利や年利を目標にしたら良いかや
将来的にどのくらいを目指したら良いのか、
1ヵ月どのくらいの月利を目指せばいいのか、
というのを気にされている方も多いようなので
私が考える月利の目安について書こうと思います

 

先に言っておくと、
プロトレーダー、専業トレーダーの
月利ということで聞かれることがあるので
プロトレーダー、専業トレーダーという
書き方をしてますが、
本当のプロトレーダーというのは
相場の世界において大きな組織で
トップで活躍しているようなトレーダーだと
思っているので、
あくまで今回の意図としては
FXや株の個人トレーダーの中で
トレードだけで生活しているような人たち
という意味で説明してきます

 


まず、一番初めに重要なポイントとして
理解しておくべきことですが、
正直ここに関しては、
・チャートを見れる時間
・見ている時間足と通貨ペア数
・トレードスタイル
・1トレードでとるリスク設定
・資金の金額

これらによって大きく変わってきます


監視する時間足や通貨数は人それぞれの
レベルに応じてでいいと思いますが、
リスクだけは上げすぎないほうが
良いと考えています

 

もちろん、
かなりの月利を上げようと思えば
1トレードのリスクを上げれば
その分とれますが、
ハイリスクハイリターンではかなり
危険なトレードになる可能性が高いです


私が推薦しているのは、
1トレードでリスク2,3%ほどなので
そのパターンで書こうと思います


一番月利が上げやすいパターンは
チャートを見れる時間が十分あって、
時間足は1分~1時間くらいまで見ていて
通貨ペアも複数監視しているパターンです

このパターンだと、1回のトレードリスクが
2%,3%でやったとしても
月利で100~150%くらいは
全然とれると考えています


1分などの短期足も取り入れてトレードすると
チャンスはかなり多くなるので、
1日平均5~8%ほどとれたら
×20日で100%~160%となりますよね

あくまで平均なので負ける日も
出てくるでしょうし、
もっと勝てる日も出てくるでしょう

ただ1日平均5%~8%というのは
短い時間足も取り入れてやっている場合は
そこまでものすごく難しい数字では無い
と思います

 

しかしあくまである程度
技術レベルもついていて、
メンタル的にも安定している場合です


あとは、ここから
チャートを見れる時間が少なかったり、
見ている時間足がもっと長い時間の足だったり、
そういうところで月利は変わってくるかな、
というイメージです



気をつけたほうが良いのは、
まだ技術レベルを勉強している段階で、
いきなり月利100%、150%
などを目指すのは
無理なトレードをしかねないので
あまりお勧めはしません


また、長い時間足でトレードをしている方は
もっと目安の月利は低い水準になるので、
あくまで短い時間足も取り入れて
トレードをしている場合だと思ってください


たまに初心者の方で1回のトレードのリスクを
かなり大きく取って、
高い月利をとろうとしている方がいますが、
1回のトレードリスク2,3%でも
月利100%以上は目指せますし、
何より安定した資金管理が
行えているほうが良いです

 

ある程度資金が増えてきたら資金に対しての
2%、などはロットが入らなくなってくるので、
ずっとこの月利を上げ続けれるわけでは
ないですが、これから頑張っていこう、
という段階の方は、
しっかりと日々勉強を積み重ねたうえで、
100~150%くらいは目指してみても
良いと思います

 

このように私自身が考える月利としては
初めのうちは100%以上目指せる
ということです

 

しかしよくネット上で月利何%以上は
リスクを取りすぎて危険だ、とか
知り合いのトレーダーが
月利は何%以上取るのは危ない、
など言っているのを聞きました、
ということも聞きますが、
それらが間違っているという訳では無いですし、
あくまでトレードのスタイルや
資金の状況によってもその答えは
大きく変わってくるというのを
理解しておくことが大切だと思っています

 

ロット数や注文の問題は置いておいたとして、
例えば資金が3億円のトレーダーが
月利で100%の3億円を毎月取りに行くのが
果たして正しいかと言われると
決してそうでは無いと思いますし、
資金が30万円のトレーダーが
月利で100%の30万円を取りに行くような
トレードを行うのは資金管理などが
出来ているうえなら全然問題無いし
可能だということですね

 

 

また資金がもう少し少ないとしても、
プロトレーダー、専業トレーダーと言っても
スキャルピングをメインとした
トレードスタイルでトレードしている人もいれば
デイトレードのスタイルでトレードを
している人もいれば、
スイングトレードでポジションを長期保有して
生計を立てているようなトレーダーもいます

 

私はスキャルピングをメインに
デイトレ、スイングもしますが、
例えばそれがスイングトレードだけしか
していないようなトレーダーなのであれば
月利100%なんてリスクを取りすぎでしょうし、
それは危険だし無謀ということになるでしょう

 

ただプロトレーダー、専業トレーダーと言っても
組織に所属してトレードしているような人もいれば
完全に個人でやっているような人もいますし
もちろんそれによっても
許容できるリスクや資金も大きく変わってくるのは
当然のことですね

 

 

この記事を見ているという方だと
多くの方は個人トレーダーで
資金は数万~数百万ほどでトレードしている
という人が多いかと思うので、
少しでも多くの月利を上げたい、
月利50%、100%上げたい、
というような人であれば
比較的短期足でトレード回数の多い
スキャルピング寄りなトレードルールで
ある程度のトレード数を確保していけば
リスクを上げすぎないトレードで
目指している月利は達成していけると思います

 

トレードの難易度としては
中期足、長期足である程度保有するような
トレードスタイルよりは
短期足でのスキャルピングのほうが
難易度は高くなってくると思いますが、
その分、利益の金額、月利、年利で言うと
圧倒的に大きくなってくるので
それだけ取り組む価値はあるのかと思います

 

こちらもCHECK

『損益率(リスクリワード)を気にしない理由』

『相場でお金を稼ぐ上で必要な要素をしっかり理解しているか』