FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

テクニカル的正解とメンタル的正解は必ずしも一致しない

テクニカルとメンタルのギャップ

トレードで利益を積み上げていく上で
一番の理想形を先に言うと、
過去の検証の結果、統計・確率の元で
少しでも利益になる可能性の高い行動を
積み上げていくことであると言えます

 

これはいわゆるテクニカル的な正解です


しかしこれが必ずしもその人にとっての
正解となるかは別の問題となります

 

そのテクニカルを実行する人、
要するに自分自身のメンタル的正解、
というのも少なからず存在します


テクニカル的な正解の行動に
メンタル的正解も一致させることができれば
安定して利益を積み上げることが出来る
ということになりますが、
メンタルの正解というのは
すぐに身につけることが難しく、
段階があるのでそれを少しずつ
進んでいくしかないと思っています


これがどういうことか?
もう少し具体的に説明します

 

 

例えば、
損小利大を考えるよりも
大利小になる場面などの
少し遅めのエントリーでも、
損益率は少なくてもその分勝率が高い
ということになるので、
エントリーすることは悪い事では無く
むしろ良いことも多いです

 

ではそこで更に本来自分が入ろうと思っていた
ポイントよりも既に少し伸びてしまっているポイントで
損切りと利益の比率がかなり悪いと感じたとしましょう


そこでエントリーするべきなのか?

 

これは、もちろん状況にもよりますが、
テクニカル的な正解で言えば
勝率が高いと判断できるポイントならば
それでもエントリーしていくべき

と言えることも多いです

 


ではこのときのメンタルも
そこに一致していますか?と言っても
そうでは無いという人が多いと思います

 

メンタル的にとはどういうことかと言えば、
もしリスクリワードがかなり悪いと思いつつ
エントリーして、案の定損切りになった、
というときに、
やっぱり入るべきでは無かった、とか
いくらの損失を作ってしまった、とか
どうやってこのミスを取り戻そう
みたいにそのトレードを行うことによって
自分のメンタルに普段よりも悪影響になる
という状態です


そうなってしまったら、
その1回のトレードの結果や収支がどうだった
なんていうことよりも、
結局その後の自分自身の行動や考えが乱れだして、
トレードに悪影響を及ぼします

 

そして余計無茶なトレードをしたり
損失を取り戻そうと普段しないようなトレードをしたり
ロットをいきなり増やしたり
みたいなこともするようになります

 

これがいわゆる
テクニカル的正解とメンタル的正解のズレです

 

テクニカル的にはもしも正解である
=確率的にはそれを続ければ
資金が増える可能性が高いと言える行動
を行ったとしても、
それはもちろん100%勝てる訳でも無いので
そのトレードで負けたときや、思うようにいかなかったときに
自分のメンタル的影響によって
結果的な損失を膨らませることになるということです

 

 

ではここに対してどうすれば良いか?ですが、
最終的には少しでも大きな利益を上げたいのならば、
テクニカル的な正解に自分のメンタルを
合わせていくしかありません

 

自分の考えや向き合い方を変えていくということです

 


しかし、ここには初めにも言ったように
経験を積み重ねて段階も必要にはなってきます

 

メンタルや考え方の成長は
相場で利益を上げる上で必要不可欠ではありますが、
とはいえ自分の今のメンタルに合わせた戦略や
行動をとるというのもその途中段階としては
1つの有効手段ではあると思います

 

この行動はテクニカル的に(確率や統計的に)
言えば正解かもしれないけど
もしそれで損失が出たら自分のメンタルに影響が
出る可能性がある、と思うのならば
その選択肢をとらないというのも一つですし、
自分の資産を守るうえでは大切な行動である
ということです

 


他の例としては例えば、
利益をとことん伸ばしたほうが
トータル的に利益が大きいと言っても
その分勝率が低くてそれまで負けの数々を
受け入れなければいけないと言われたら
途中でメンタル的影響が出る人も多いでしょうし、
その逆もそうです

 

また、
建値決済にしても、トレーリングにしても、
その他様々なことにおいて
テクニカル的な正解とメンタル的な正解
というのが存在します


この中で自分のトレードに対しての
メンタル的影響を知り、
どのような行動、選択を取るかは
安定した利益を積み重ねる上では大切になってきます


ただ、メンタル的な影響を考えすぎるのは、
チキン利食いや過度な建値ストップ、
無駄なトレーリングなど、
利益を上げれない行動になることが多いので
注意は必要です


あくまでテクニカル的な正解に重点を置いたうえで、
最終的には自分のメンタルもそこにしっかり合わせる
ということを目標にしつつ、
今現在の自分のメンタルも考慮して
自分がとる行動というのを考えていくのも
1つの手段としては良いのかと思います

 


エントリーする際に、
もし少し迷った場合、気になる点があった場合などは
本当にそのエントリーが損失になったとしても
自分自身に一切影響が出ないと言えるか?

 

というのを自問自答してから
トレードするという事は大切です