FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

ラインは今現在意識されているかが大切

ラインの引き方 今現在意識されているライン

 

ラインを引いてトレードする上で
しっかりと意識されているラインを
認識することはとても重要になります

 

これは何度も言ってる事ですが、
しっかりと他の人たちにも
意識されているラインを引くことで、
それが今後も意識される可能性の高いライン
ということになります

 

今後も意識される可能性の高いライン
というのが要するに機能するライン、
強いラインということですね


なのでラインを引く際には
どれだけ意識されているラインかを
しっかりローソク足の動きから見て
正確に引くことが大切です

 

ラインを引くときに見る事


そして、ローソク足の高値や安値が
ピッタリと止まっているような箇所が
そのライン上で2点、3点とあるような
ラインを引いていく事が重要なのですが、
このときに注意したほうが良い事があるので
それをお伝えしようかと思います

 

 

それは何かというと、
どれだけローソク足で見て
しっかり意識されているラインを
引けたからと言って、
そのラインが今現在意識されているか
というのは別問題ということです


過去に意識されていたラインでも
時間が経てば意識されなくなります

 

永遠に意識されて機能するライン
というのは存在しません

 

 

また、
おおよそこのあたりのレートが意識されている、
というような場合でも
今意識されているラインというのを
正確に引こうと思うとそのレートから
多少上だったり下だったりという風に
ずらして引くべきという場面も多々あります

 

なのでラインを引くとき、
そしてラインが意識されているかを確認するときは
ただそのラインが意識されている、というのでは無く、
今現在そのラインが意識されいてるという証拠が
しっかり確認できるかというのも
見るようにしてください

 

 

具体的にどういうところを見れば良いかというと
例えばブレイクのラインであれば、
ブレイク直前に一度ローソク足が止められたり
そこをブレイクしてから強いローソク足
出ているかというのが大切になってきます


もしチャートのもっと左側に
意識されてそうなポイントが複数あって、
そこを元にラインを引いていたとしても、
そのラインのブレイクの際にそのラインで
意識された動きが確認できなければ
そのラインは今現在は意識されていない
かもしれません

 

機能するラインを引く


このようにラインを引いて
複数個所がしっかり意識されている
というのを確認することは絶対ですが、
さらに意識されている箇所が極力直近であること
というのが大切になってきます

 

チャートのあまり左側だけで
意識されたのが確認できるようなラインでは無く、
今現在、要するにチャートの右側のほうが
意識されていることが確認できるようなラインが
今意識されている可能性は高いです


もちろんチャートの右側(直近)でも
左側でも両方で意識されているラインは
かなり強いラインの可能性が高いです


左半分くらいでは意識されているのが確認出来るけど
右半分や直近付近ではあまり意識することが
確認できないようなラインでトレードをしている
というような人もいるかと思うので、
ラインを引く際にはしっかりと
今現在意識されているラインかというのを
意識して引いてみると良いかと思います