専業トレーダーKAZUのFXブログ

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまではなりました。相場は本当に甘い世界では無いです。かなりの覚悟が無いと勝てるようにはなれません。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載していきます。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

エントリーチャンスを過ぎてから気づいた場合どうしますか?

エントリーチャンス 見送り

 

Q,本来のエントリーポイントの
タイミングのときにリアルタイムに
チャートを見れておらず、
少し過ぎてから気づいて、
まだ本来のTPにもSLにも
どちらにも到達していない場合があります

 

このようなときに途中からでも
エントリーをしていくことが多いですが、
KAZUさんはどうでしょうか?

 

 

今回はこのような質問を頂きまして
それに対しての私の回答を書こうかと思います

 

A,
このような場面は私もあります

 

何か他のことをしていて
チャートを見たときには
良いエントリーポイントを
過ぎた直後だったり、
他のチャートに集中しているときに
ちょうど他の通貨ペアでも
チャンスが来てたりという感じですね


まず、結論から言うと、
少しエントリーが遅れたくらいだと
特に動きに違和感などが無ければ
気にせずエントリーしていきます

 

逆に、動きに違和感があったり、
本来のエントリーポイントからかなり
ダラダラした動きになっているような場合、
このようなときには見送ることが多いです

 


遅れてエントリーする際の考えとしては、
損益率は本来より悪いこともありますが
その分勝率は高いという考えです

 

本来のエントリーポイントを超えている、
という時点である程度もう抵抗は無い
ということでしょうし、
損益率が悪くても勝率が良いポイントは
どんどん取っていくべきだと
思っているので
エントリーするという感じです


エントリーを見送るほうのパターンですが、
動きの違和感というのは
経験と感覚の部分に
少しなってしまいますが、
強い反転サインや明らかに反対勢力の
圧力が見えた場合などです


あとかなりダラダラした動きになった場合、
これも見送ると言いましたが
かなりダラダラした動きになってしまうと
自分と同じ方向へエントリーしていた
味方の人たちが少しずつ決済して
逃げていっている可能性もあるので、
自分の狙っている方向への優位性が
弱まっている可能性がある、と考えます


なのでこのようなパターンの場合は
見送るかな、という感じです

 

 


また、エントリーの方法としてですが、
本来のエントリーポイントより
伸びてしまっている場合は
損益率は気にせずエントリーはしますが、
確かにエントリー価格で言うと
少し不利なポイントなのも事実です

 

このような場合には、
本来のエントリーのリスクに対して
とりあえず半分くらいのリスク(ロット)で
エントリーをして、
そのまま伸びたらラッキー、
もしもう一度押し戻りを作って
戻ってくるようなら
残りの半分のリスク(ロット)で
追加エントリー
というようなこともします


いわゆるナンピン的なことに
なるかもしれませんが、あくまで
エントリーのリスクとしては
通常通りと変わらないように
設定してますし、
あらかじめ有利な価格でのエントリーが
出来るチャンスも想定して
エントリーをしていってる、
というイメージです


このような分割エントリーと
ロット調節もできるようになると
リスクを抑えつつ、よりチャンスを
とっていくこともできるかと思います