FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

エントリー前の確認は必ずしも三尊・逆三尊とは限らない

エントリーポイント 反転確認 ライン

 

前回、エントリー前の確認事項で
チャートのイメージとして
調整波に三尊・逆三尊(ヘッド&ショルダー)
が出たのを見てエントリーをしていく
というのをお伝えしました

 

基本のイメージとしては
そのようなイメージで見てもらったら
良いかと思うのですが、
ではなぜ私が今まで
エントリー前に三尊・逆三尊を見る、では無く
切り上げ、切り下げを確認して
エントリーしていくか、という
伝え方をしていたかというところについてです

 


というのも、
前回お伝えした三尊・逆三尊は
反転のパターンとして綺麗に出ていれば
問題は無いのですが、
そうではない場合は全てエントリーしないか、
と言われるとそうでも無いからです

 

前回三尊・逆三尊でお伝えしたのは
反転の確認の際のイメージとして
分かりやすい形だということ、
そして右肩左肩の大きさを見ることで
反転確認の際の切り上げ切り下げのサイズが
ある程度は統一される、ということが
あるからです

 

エントリーポイント 判断


実際三尊・逆三尊というのは
それが出たからどう、というよりも
ダウ理論、波形認識的に言えば
トレンドの切り替わりには絶対に現れます

 

他のチャートパターンなどでも同じですが、
大事なのはそのパターンが出た事実では無く
どのように、そしてどこで
そのパターンが出ているか
ということです

 


前回お伝えしている中で、
三尊、逆三尊の中でも
トレンド転換の起こっていないパターンの
三尊、逆三尊の場合はダメだというのを
お伝えしてますが、この場合で言うと
エントリーできない、という訳では無く
まだエントリーできない、という認識になります

 

それがなぜかと言えば、
押し戻りの中の調整波で
トレンド転換が起こっていない
=まだ自分の狙っている方向に優位性が出ていない
ということなので、
エントリーするには弱い、ということです


なので、このパターンの場合には
三尊、逆三尊ではすぐにエントリーできないですが、
その後しっかりトレンド転換が起こったのが
確認できればエントリーはしていけます

 

エントリーポイント タイミング


このような場面で言うと
結局は切り上げ、切り下げの確認
というのが大切だということになります

 

もっと言うと
調整波のトレンド転換が確定する
切り上げ、切り下げの確定
ということですね

 


少しややこしいかもしれませんが、
ここを理解することは
エントリー前の押し戻りを狙う上で
とても重要なポイントになります


自分が見たいように見ているエントリー、
ただパターンが現れたからしているエントリー、
では無くて
しっかりとどこで、何が起こっていて、
どういう状況だからエントリーしていけるのか

 

これを考えて見れるようになることが大切です

 

 

ラインで反発して
1つ目の切り合げ、切り下げで
エントリーをしていくこともあれば、
2つ目や3つ目の切り上げ、切り下げで
エントリーしていくこともあります

 

三尊、逆三尊でエントリーしていくこともあれば
そうでは無いときもあります

 


しかし、全てに統一して言えることは、
今現在どのような波形やラインが意識されていて、
どこが抵抗になっているか、
どこを抜けたら流れが変わるか
というような部分です


ここを理解できるようになれば
こうなったらエントリー、では無く
明確な根拠で自信を持ったエントリーが
出来るようになってきます

 

いきなりは難しいかもしれませんが、
今までのトレードでエントリー後に
反転しているトレードなどを見返してみると、
なぜ思うように進まなかったのか?
そこに抵抗は無いか?調整波の流れはどうか?
など、考えると見えてくるものがあるかと思います


慣れてくれば無意識に
適切なエントリーポイントも
すぐ判断できるようになってくると思うので
しっかり根拠の明確なポイントで
エントリーしていけるよう頑張ってください