FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

はらみ足(インサイド)は要注意なプライスアクション

 

はらみ足 インサイドシグナル プライスアクション

 

前回は包み足(アウトサイド)の
ローソク足プライスアクションについて
説明しましたが、
今回はその逆とも言えるような
はらみ足(インサイドについて
説明しようと思います

 

▼先にCHECK

包み足(アウトサイド)は強い反転のプライスアクション

 

まず、はらみ足がどういう足かと言うと、
左側のローソク足に対して
安値も高値も両方とも右側の足では
更新出来ていないという状態です

 

そのときの
まだ現状安値も高値も更新されていない
というローソク足がはらみ足です

 

はらみ足 インサイド プライスアクション


イメージ的には前回説明した
包み足(アウトサイド)の逆で、
包み足の場合は左側のローソク足よりも
右側のローソク足のほうが高値も安値も
更新できている大きなローソク足
ということで、
はらみ足の場合は右側のローソク足よりも
左側のローソク足のほうが
高値も安値も現状更新されておらず
大きなローソク足
ということになります

 

なので1本だけで判断するというより
その右側、左側にあるローソク足と比べて
どのような状態にあるローソク足
というような判断になります


でははらみ足がどのような
ローソク足プライスアクションかですが、
チャートの動きをいったん止めるような
ローソク足だというように思っておけば
良いかと思います

 

どういうことかと言うと、
はらみ足が出現した場合には
そのはらみ足の高値か安値を
更新するまでは基本的にどう動こうが
あまり関係無く、
その高値か安値をどちらかに抜けるまでは
何もしないということが大切です

 

またそのはらみ足の中で起こった動きも
基本的にあまり意味が無い
と考えたほうが良いです

 

はらみ足 インサイド レンジ


なので、ただ単にローソク足の動きや
チャートの動きを見ていて
ここでエントリーできる、とか
こういうローソク足が出たからこうだ、とか
思ったとしても
それがもしはらみ足の中で起こっていたら
あまり意味が無いので手を出さないほうが
良いということです

 

つまりはらみ足は
はらみ足が出たから何かをする、
というよりは
はらみ足が出たからそこを抜けるまでは
何もするべきでは無い足
という感じで思ったら良いかと思います

 

 

これがなぜかですが、
はらみ足がなぜ作られるかを考えれば
分かってくるかと思うので
ローソク足1本1本の中にある波を考えてみてください

 

基本的にプライスアクション、
つまりローソク足は足単体での形を
言う事が多いですが、結局は
その中にどのような波を作られているか、
どのような動きをしているか、
ということになります

 

では波で考えてはらみ足が
どういう状況かと言うと、
1つの波を作ってからその後はずっと
その波の中で動ているような状態
ということになります


これは環境認識で考えてみたら
分かりやすいですが、
チャートの波において1つの波の中で
動いている状態というのは
トレンドが出ている訳でも無く
動きが明確な状態でもありません

 

言ってしまえばレンジのような状態です

 

はらみ足とは レンジ


なのでこのはらみ足の
高値か安値を抜けてどちらかに
動いていかなければ変に手を出しても
方向感が無い状態なので不安定で
やられやすいというイメージです

 


また、少し前にも
切り上げ切り下げを少し小さく見る場合の見方
について説明したことがありますが、
このはらみ足が出ているときも
同じようにこの中で切り上げ切り下げが起こっても
それは切り上げ切り下げという風に
見ないほうが良いということになります

 

はらみ足 インサイド レンジブレイク

 

このように
はらみ足(インサイド)は
その高値と安値を抜けるまでは
その中で起こったことは基本的に
意味が無いという風に考え、
抜けてからどう動くかを見ていくほうが良いです


はらみ足に関しても
慣れてくればすぐ見つけれるように
なってくると思うので、
要注意の足としてチェックしておけば
嫌な負け方や無駄な損失を
減らすことが出来るので、
是非見ていけるようになればと思います