FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

トレンドはいつまで続くと考えるか

トレンド相場 トレード環境認識

 

トレンドが出ている相場状況で
エントリーを仕掛けていくときに
考えたほうが良いのが、
今現在がトレンドのどのあたりなのか
ということです

 

どんな取引対象でも、
必ずトレンドは発生し、
そしていつか終わります

 

どうなったらレンジと判断して
どうなったらトレンド発生と判断して
どうなったらトレンド終了と判断するか
この定義はまずしっかりと
持っておくことが大切です


この定義に関してはまた別で
説明しているものもあるので省略しますが、
今回お伝えしたいのは、
トレンドはいつまで続くと考え、
トレンドのどのあたりを狙っていくか
ということについてです

 


基本的にトレンドを狙うということは
この先まだトレンドは継続していく、
という想定の元でその方向に
エントリーを仕掛けていくことになります

 

そしてトレンドが終わるまで
ずっとその方向に狙っていき
最後は切られても仕方ない、
という考え方も一つです


しかしここで気をつけたほうが良いのが、
トレンドを狙うにしても遅いエントリーに
なっていないかということです

 


トレンドは勢いがあるときには
ずっと継続していくので切られる覚悟で
ずっと狙っていくのも良いのですが、
通常のトレンドであればある程度伸びたら
トレンドが終了していくことが多いです


明確なトレンド相場のほうが
方向が分かりやすいからと、
ある程度トレンドが伸びているところで
エントリーして損切になる人も多いです

 


では基本的にトレンドは
いつまで続いていくと考えるかというと、
トレンド発生から3つ目の上げ、下げまでは
伸びやすいと考えたら良いかと思います


エリオット波動などでも
波のカウントはあったりしますが、
エリオット波動で言うところの
第5波のようなイメージです

 

それがいわゆるトレンド発生からの
3つ目の上げ、もしくは下げ、
という風に思ったら良いかと思います

 

トレンド相場 環境認識


この3つ目の動きまでは
比較的綺麗に伸びることは多いです

 

その後の4つ目の動き、5つ目の動き
に関しては、そのときの状況次第
となりますが、
よっぽど明確なとき以外は
見送るほうが無難なことも多いです

 

逆に言えば波が3つ以上出来上がってきて、
4つ目、5つ目の動きを作ろうと
しているようなときは、
その波が崩れて反対方向の
エントリーを狙いたいと思って
見ていることも多いです

 

トレンド相場 環境認識

 

なのでトレンドを狙うときには
3つ目の動きまでは伸びやすい、と考えて
2つ目の動き、もしくは3つ目の動き
というのを狙っていく
比較的安定したトレードが出来ます

 


また、今現在がトレンドの中で
どのあたりなのかというのを考えることで
利益確定ポイントとして
まだこれから伸ばせそうな場面なのか、
あまり伸ばせなさそうな場面なのか
分かってくるかと思います


エリオット波動などは理解しなくても
良いかと思いますが、それに関係なく
なぜこのように波のカウント、
というのが意識されるのかという
理由などはしっかりありますので
またそれは別で説明しようかと思います