FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

ハイレバでのトレードは危険か?

ハイレバ フルレバ トレード

 

まず、基本の考えで言うと
口座資金に対して1回のトレードでのリスクを
2%や3%にするという考えになります


しかし少額の資金、
例えば10万円を口座に入れて、
最悪溶かしたらまた入金する、
というような考えで、
レバレッジをかなりきかせて

ハイレバ、フルレバトレードを
しているような人もいます


このようなハイレバトレードが
危険なのかどうか、ですが、
例えば10万円の口座資金に対して
1回のトレードリスク10%など
大きめのリスクをかけていく場合ですが、
正直これが危険かどうかは状況次第です


というのは、口座資金の何%、という
リスク管理が基本にはなりますが、
もっと言えば自分の財産の何%、
という考えにもなってくるからです

 

(財産というよりは正確には
トレードに使える余剰資金です)

 

 

例えば全財産が10万円の人が
10万円入金して高めのリスクで
トレードをするのはかなり危険です

 

しかし財産が100万円ある人が
口座に10万円入金して
リスク10%でトレードしても、
それって結局は100万円から考えたら
1%のリスクしかとっていません


なので、よくハイレバ、フルレバで

資金何倍を目指す!
というような方もいますが、
別で最悪溶かした場合の資金を用意しているなら
結局はそこまでハイレバでは無かったりします

 

逆に100万円ある人が口座に10万円入金して、
リスクは2%が良いから、と
1回のトレードリスク2%でトレードしてたら
それは結局は100万円から考えると
0.2%のリスクでしかトレード出来ていません

 

なので考え方としては
自分の財産(トレードに使える資金)に対して
何%のリスクをとるのか、とも言えます

 

ただこれはあくまで資金の増減が
あまりない場合です

 

少額を入れてハイリスクでトレードする場合は
資金が増えてきたらその分複利でさらに
大きな資金は目指せますが、
増えてきた資金は溶けるリスクはもちろん
高くなります


初めにいれた10万円が
100万や1000万になってきたときに
そのハイリスクのまま運用するのは
危険が大きいです

 

初めに大きめの金額を入れて
小リスクでトレードする場合は
複利は活かしつつ安定して増やしていく
という考え方になります


利益が100万円や1000万円に
なってきてもリスク管理はできているので
安定して運用していきやすいです

 

なので結論としては、
口座資金に対してのハイレバが
危険かどうかは

口座外にもあるお金も合わせて

考える必要がある、ただどっちにしても

ある程度利益が増えてきた段階で
ハイレバの高リスクトレードを
続けていくのは危険が大きい
ということになります