専業トレーダーKAZUのFXブログ

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまではなりました。相場は本当に甘い世界では無いです。かなりの覚悟が無いと勝てるようにはなれません。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

【7月6日 GBPAUD トレード解説】

GBPAUD 1分足 トレード解説

 

今回はGBPAUDの1分足の
ブレイクライントレードの
解説を書こうかと思います

 


今回はその時間足の波の動きを
捉えに行ってるトレードになるので、
他の時間足などは一切見ていません


環境認識として1つの通貨ペアで
色々な時間足を見る人も多いですが、
1つの時間足だけでも十分に環境認識して
勝負していけます

 

 

まず先に実際のトレードの
エントリーポイントと
利益確定ポイントの画像です

GBPAUD 1分足 ブレイクライントレード


パッと見ただけでもラインが
かなり綺麗に意識されているのが
分かるかと思います


こういうポイントは狙いやすいポイント
にはなりますが、注意するべきところは、
ラインがしっかり抜けたかを確認することです

 

 

ライン近辺は意識する人も多いですが
その分ダマシが多いポイントにもなります

 

ラインをブレイクしたと思って
すぐに飛び乗ってはダマシをつかまされる
ということも多々あります

 

しっかりとブレイクしたのを確認してから
次の押し戻りを狙うほうが確実です

 


今回のトレードの根拠としては
このようになります

GBPAUD 1分足 トレード根拠

 

まず①までは流れとしては下げていたので
下降トレンドになります


しかし①が最後に安値を更新している高値、
となるので、ここを上抜けてきた時点で
トレンドの転換を考えだします


そして①を上抜けた後にさらに
安値が切りあがったところで
トレンドは上昇トレンドに転換しています

 

ちょうど赤のラインを上にブレイクした
ところあたりですね

ここで上昇トレンドが確定します

 

 

そして赤のラインのブレイクが
③ですがしっかりと勢いもあり、
ブレイクの幅も見れているので、
このような動きで次の押し戻りを
狙っていこう、というのを考えています

 

 

その後ラインに戻ってきて
小さなダブルボトムのような動きで
ライン上で底を固めたような動きを見て、
そのネックラインを切り上げたところで
1つ目のエントリー


さらにその後小さく切り上げたような
Bのポイントで2つ目のエントリー


その後一度下げてきてしまいますが、
ラインまで落ちてくることも無く、
再度反転して上げていきそうな動きに
なってくれるのでCのポイントで
3つ目のエントリー

 

 

利益確定に関しては、
ラインブレイクの際の波の値幅と
同じ分くらい伸びた時点で
全ポジション利益確定です

 

ブレイクラインでのトレードの際は
この、前の波の値幅と同じ値幅分、というのは
結構意識されることが多いので
確実に利益確定するなら
ここを見ればいいかと思います

 

今回自分は3か所エントリーをしていますが
別にどこか1か所でも良いと思いますし、
分割エントリーをしても良いと思います

 

 

今回のトレードでのポイントは
■現在の流れをしっかり認識する
■機能しているラインで勝負をする
■しっかりとしたブレイクを見る
という感じですね