FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

波形の理解を深めるためのトレーニング

トレード検証 テスター トレーニング方法

基本的な波の認識が安定してきたら
より波形についての理解を深めて
相場状況をイメージしていけるように
様々な大きさの波を
認識していくと良いかと思います


というのは、
チャートは全てフラクタル構造なので
例えば5分足で認識した波より
一回り大きな波は15分足での波になり
一回り小さな波は1分足での波になります

 

要するにいつも見ている波、
そして一回り大きな波、一回り小さな波
という3つの波を安定して認識していければ
一つのチャートだけで時間足を切り替えなくても
3つの時間軸の動きを認識できます


このイメージが出来るようになってくると、
環境認識がより安定してきて
他の時間足の動きを味方につけて
有利なトレードが出来たりもします

 

特にエントリーの際などは
一つ下の時間軸の波を見て
反転の確認を行っていくので
ここを安定させることは
かなり重要になってきます


そしてわざわざチャートの
時間軸を切り替えずに一つのチャートだけで
環境認識からエントリー判断までを
安定して出来るようになれば
かなりシンプルに考えて安定したトレードが
していけるようになってくるかと思います


なので一つの波はある程度安定して
認識できるようになってきた、
という段階であれば
次にそのままのチャートで
一回り大きな波、一回り小さな波、というのを
考えていくと良いかと思います

 


具体的なトレーニング方法としては、
まずは通常自分が認識している波を
チャートに記載をしていきます

 

チャート 波形認識 検証

このときの時間足は1分などの
最小の時間足では無く、
5分や15分のチャートのほうが
後々、前後の時間足に切り替えれるので
良いです


そして波が記載出来た後に
そのままの時間足で
一回り大きな波、一回り小さな波
というのも記載していきます

 

チャート 波形認識 マルチタイム


これらが記載し終わってから
次に、一段階時間軸を変えてみます

 

一段階というのは
1分→5分→15分→1時間→4時間→日足
くらいをそれぞれ一段階と
考えていれば良いかと思います


そして、元々の時間足で記載した
一回り大きい波は一段階上の時間足で、
一回り小さい波は一段階下の時間足で
確認をしてください

 

このときに、それぞれが
その時間足において適切な波の大きさとして
認識できているかをチェックします

 

波形認識 チャート分析 検証

波形認識 チャート分析 マルチタイム


適切な波というのは
通常の波の認識と同じで、
極端に大きくなったり小さくなったり
していないかや、
しっかりと波を描いて空間をつくっている
ようなところを認識できているか
というようなところを確認します


このときに波のサイズがおかしい、
無理やり認識してしまっている、
というようなことがあるのならば
自分がどういう波を強引に見ていたり
自分に都合よく見ているかを考えます

 


これらを繰り返していく事で
一つの時間足の一つのチャートから
3つの時間足の適切な波の大きさ
を認識していけるようになることです


ここが安定してくれば
エントリー前の反転確認の際に
見るべき波のサイズが安定してきたり、
環境認識として自分が見るべき
波のサイズというのが分かってきます


そしてチャートのフラクタル構造の
イメージが安定してきて
上の時間足では今こういう状況、
下の時間足では今こういう状況、
というイメージが持てるように
なってくるとまたチャートの見え方が
変わってくるかと思います