FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

ローソク足が続くか見てダマシを回避する

エントリー ローソク足のフォローを見る

 

エントリー後に思っている方向に伸びず
すぐ反転してきてしまって損切り
いわゆるダマシを掴まされることも
初めは多いかと思います

 

100%これを無くすということは
難しいですが、
ダマシを減らすことはできます


そのときに見るべきポイントとしては
重要なローソク足の次に
同じ方向のローソク足
続いて出現しているか
というところです

 

 

同じ方向のローソク足
続いて出現しているというのは、
例えば
陽線であればその次も陽線
陰線であればその次も陰線
ということです


これらを重要なローソク足の次の足で
どうなっているかを見ていくわけですが、
重要なローソク足の例としては、


意識されてるラインをブレイクしたローソク足
強い反転サインのローソク足
チャートパターンが完成したローソク足

などになります

 

これらのローソク足の次のローソク足
同じ方向に出現しているのか、
というのを意識して見ることで
ダマシを掴まされることを
減らすことができます

 


意識されているラインを
大きくブレイクしたか、というのも
大切ではありますが
どのようなローソク足でブレイクしているか
というのも大切になるというこです

 

大きくブレイクしている
=その方向にこれから伸びていく

 

と思う人もいるかと思いますが、
この際に大きなローソク足1本だけで
ラインをブレイクしていて、
その後に同じ方向へ次の足が
続いていない場合にはダマシで
終わることが多いということです

 

ラインをブレイクしたローソク足
あまり大きくなかったとしても、
その後に1本や2本同じ方向への
ローソク足が続いて出現している場合は
ダマシでは無い可能性が高まり、
ラインをしっかり抜けたと判断しても
問題無い場合が多いです

 

 

これらはラインをブレイクしたとき
以外でも、先ほど書いたように
意識されるようなポイントでは
全体的に共通することです


ダマシを掴まされるポイント
=多くの人がその方向に行くだろう
と思うポイント

 

ということです


なので意識されているラインや
意識されるチャートパターンや
意識されるローソク足の後に
どうなっているかを見ることが
重要だということです

 

ここでローソク足が1本だけしか出ずに
その後その方向のローソク足が続いていない
というのは多くの人は結果的に
その方向のエントリーには
乗っかってきていない、
ということになります

 

初めにエントリーした人だけが
ダマされるポイントになった、
ということです


同じ方向へのローソク足
続いているのを確認できることで、
他の人もその方向へのエントリーを
後追いしてきていると考えれるので
味方が増えてダマされにくくなる
という風なイメージで考えれば
良いかと思います

 

ローソク足 フォロー チャートパターン

 

エントリーをする際の
考えとして大切なのは、
いかに安全と思えるポイントで
エントリーをしていけるかです

 

自分が特攻隊になる
必要なんてありません

 

他の人に様子を見に行かせて、
安全だと確認できてから
自分は後から確実な勝負を
仕掛けにいく、という
ある意味ズルいような考え方が
とても大切になります

 


そのためにも
まずは他の人がその勢いに
乗っかて来ているのか、
というのをしっかり見るべく
ローソク足が続いて出てきているか
というのを確認することは重要です