専業トレーダーKAZUのFXブログ

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまではなりました。相場は本当に甘い世界では無いです。かなりの覚悟が無いと勝てるようにはなれません。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載していきます。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

検証は上手くいくけど実際のトレードは上手くいかない原因

トレード 検証 テスター

 

止まっているチャート、
すでに完成している過去チャートで
自分のトレードルールを検証すると
うまくいって良い成績が出るのに、
実際動いているチャートで
トレードをしていくと上手くいかない
という人も多いのでは無いでしょうか


自分の中でまだはっきりと
トレードルールが無い人は
まずはトレードルールを固めるのが
先になってきますが、
ある程度トレードルールが固まってきて
なかなか実際のトレードで利益を上げれない
という人に多いのがこれです

 


この原因はいくつか考えられます

 

ただ検証でうまくいってるのであれば、
実際にそれを実行できる再現性の部分だけ
しっかり固めていけば、もう利益は
上げていけるようになる可能性は高いです


この再現性をしっかり固めるというのが
リアルトレードの難しい部分でもありますが、
この検証とリアルで何が違うのか
どうしたらその誤差が改善されるのか
というのは安定して利益を上げていく上で
絶対に考えていくべきだと思います

 

 

 

まず1つ目ですが、
検証の際にルール通りのつもりで
検証していても、
実際は自分に都合の良いところ
だけを検証していってて、
そのルールに当てはまる都合の悪いところ
というのを見落としている
というパターンです


過去チャートでの検証は
難しいチャートなどはいくらでも
飛ばすことができるので、
分かりやすい部分だけで検証してしまい
成績がかなり良いというだけ、
ということはあり得ます

 

この場合はそもそものトレードルールから
もう一度見直す必要もあるかもしれないので、
検証の際にしっかりと全て
ルールに当てはまるポイントを検証して
データをとれているかは見ることが大切です

 

 


2つ目ですが、
リアルトレードの際に
ルールに当てはまるか微妙そうな場面で
無理矢理ルールに当てはまると判断して
エントリーして無駄な損を作っている
というパターンです

 

先ほども書いたように検証では
いくらでも時間を飛ばすことも
出来ますし、
エントリーチャンスを待たなくても
いくらでもエントリーの検証が行えます

 

しかし実際のリアルトレードとなると
トレードルールにもよりますが
必ずエントリーチャンスを待つ、
という時間が出てきます

 

ずっとチャートを見ていて
なかなかチャンスが来ずに、
無理に今あるチャートの中から
エントリー出来そうなポイントを
自分に都合よく判断して見つけて
無駄なエントリーをしている
というパターンです

 

 


3つ目ですが、
エントリーの判断が早い
というパターンです

 

検証ではすでにチャートの右側が
見えている状態、
チャートが完成している状態なので、
ここを抜けてからのほうが確実だな、とか
エントリーポイントの判断がしやすいです

 

しかし実際のトレードとなると
もちろんまだ右側は完成してないので、
自分でイメージして判断していくしかありません

 

完成しているチャートの中で
一番きれいなエントリーポイントを探すよりも
エントリーが早くなったりして
抵抗を抜ける前にエントリーしてしまったり、
根拠よりも先に
ここから伸びてほしい、という
気持ちのもとでエントリーしてしまう場合もあります


その結果抵抗などに跳ね返されて損切りに合います

 

 


4つ目は先ほどと少し似てますが、
この後の方向性が分からないので
トレンド判断をしっかりしないといけない
ということです


過去チャートでは右側が
ずっと上昇していった、とか
ずっと下降していった、というのを
見えたうえで買いポイント、売りポイントを
探します

 

このあと上がると分かっている中で
買いポイントを探すのは正直結構簡単です


実際のトレードではこのあとの方向性は
全く分からない中でトレンド状況を
しっかりと判断しなくてはいけないので、
ここも大事なポイントになります

 

 


主な原因を4つ書きましたが、
他にもメンタル面や細かい点など、
色々考えられる原因はあります


ただしっかりとした検証が行えていて
ある程度そこで結果が出ている、
というのであれば
実際のトレードとの誤差を
しっかり自分で見つけていって
改善していけば必ずトレード成績は
向上していくので、ここはしっかりと
考えていくことが重要です