FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

チャートを見てすぐにチャンスだからとエントリーしない

エントリーチャンス チャート分析

前回、
見て瞬時に良いと思うチャート以外は勝負しない
という事についてお伝えしましたが、
今回はそれに少し似て聞こえますが
意味としては全く別の事で気を付けるべきことを
お伝えしようと思います

 

▼先にCHECK

見て瞬時に良いと思うチャート以外は勝負しない

 

それは、
チャートを見てすぐにチャンスだと思っても
すぐエントリーしてはいけない
ということです

 


自分がチャートを見たタイミングが
エントリーチャンスのタイミング、
もしくはエントリーチャンスを少し過ぎたけど
まだここからならエントリーしていけそう、
というタイミングの事もあるかと思います

 

特に短期の足を監視している場合、
こういうときに
このまま伸びていってしまう前に
少しでも早く入ろうと
エントリーを急ぐこともあると思います

 

しかしこれは絶対にしてはいけません


実際このようなことをして
もうすでに失敗体験した人も
多いかもしれませんが、
理由は何かの見落としをする可能性が高く
無駄な損失を作る可能性が高いからです

 


チャートをチェックしたら
ちょうど良いエントリーポイントで、
このまま伸びていってしまったら
このチャンスを逃してしまう、
リスクリワードが悪くなってしまう、
というような気持ちも確かに分かります

 

しかし、
そのような気持ちでするトレードは
結果的に利益どころか
損失に繋がることも多いですし、
例えそのときが利益になったとしても
そのようなクセをつけてしまうことで
いつかきっとそれ以上の損失になります


瞬時に的確なエントリーポイントを判断し、
またそこで本当にエントリー出来るかどうかを
素早く見極めるのは、
ある程度経験や技術があればもちろん可能ですが、
まだ利益が安定していないという人は
まず無理と思ったほうが良いです


チャンスを見つけたらそこから
本当にそこをチャンスと判断して良いか、
そこでエントリー出来るのか、
戻されるリスクは本当に少ないと言えるか、
どこからどこまでを取りに行くイメージか、
などをじっくり分析し考え、
それでも本当に大丈夫だという結論の箇所だけ
エントリーを仕掛けていくべきです


もしそこが本当のチャンスだったとして
それを考えているうちに
伸びていってしまってエントリー出来なかっても、
それも全て受け入れるべきです


というか、むしろそれは
利益を逃したのでは無く、
損失を避ける行動が出来たと思うべきです

 

 

まだ相場での利益が継続して
安定的に上げれていないという人が
パッと見てチャンスだったからという理由で
急いでエントリーしても
まずそれでトータル的に勝つというのは
はっきり言って無理だと思ったほうが良いです

 

むしろそれがクセづいて
自分が苦しむことも多いと思います


それなのに、どこかまだ
このチャンスを逃したくない、
これはいけそうだ、
なんて思ってエントリーを焦ってませんか?

 


相場において重要なのは
利益を得る事よりもいかに損失を作らないかです

 

この考えを持てていれば
そのように急いでエントリーをすることも
無いはずです

 

 

前回お伝えした
見て瞬時に良いと思ったチャートだけで
勝負を仕掛けていく、
というのもとても重要ですし、
今回お伝えした
チャートを見てすぐにチャンスだからと
エントリーしない、
というのも重要です


要するに、
ぱっと見て良いと思えるような
チャート以外ではそもそもエントリーを
無理に考えていかないということになりますが、
では、ぱっと見て良いチャートなら
すぐエントリーして良いかというと
そういうわけでも無く、
そこからじっくり分析して考えた結果、
エントリーするかしないかという
選択肢が存在するということです

 

ここを絶対に勘違いしてはいけませんし、
これが出来るようにならなければ
利益は安定しないと思います

 

 

まずは自分がエントリーするかしないかの
判断をするためのチャートを
パッと見て良いチャートに絞っていく

 

そしてエントリーするかしないかの
判断をするためのチャートで
良いチャートが見つかったら
次にじっくりエントリーするかしないか
その結論を出すために分析をしていく

 

これが大切です

 


チャートに向き合う上で
焦りの感情や利益を上げたいという欲の感情など
その他の感情もそうですが、
全ての感情は基本的にトレードにおいて
全てマイナスに繋がることがほとんどなので、
しっかり落ち着いてチャートに向き合い
落ち着いて分析して確実なトレードを
積み上げていけるよう取り組んでください