FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

レンジ相場の基本的な定義とは何か

環境認識 レンジ相場の定義

 

トレードにおいて定義と根拠
これは私がいつも言ってることですが
とても大切なことになります

 

その中で今回は
レンジ相場の定義についてです

 


なんとなくダラダラと横に動いていたら
レンジ相場と判断する人は多いでしょうし、
実際多くの場合その通りだと思います


しかしレンジ相場という状況を元に
トレードを仕掛けていったり、
そこに大切な資金をかけていくのであれば
もっと明確な定義を元に説明できるか
というのが重要になってきます

 

なのでただ単にレンジの説明というよりは、
しっかりとトレードに使っていけるような
レンジ相場というのを認識していく
というイメージでの内容です

 

 

では早速レンジの定義ですが
簡潔に言えば、
高値と安値がほとんど揃っている状態
そして
高値と安値の切り上がり、切り下がりの無い状態
=一つの波形の中で動いている状態
となります

 

 

レンジの基本的な定義 環境認識

 

そしてここで大事なのが、
今現在どこからどこの幅でのレンジなのか

 

要するにレンジの高値はどこで、
レンジの安値はどこになるのか
というのをしっかりと認識することです

 


トレンド狙いでトレードをするのであれば
パッと見てダラダラしている動きならば
やめておこうというくらいで良いと思いますが、
レンジ狙いでトレードをしていくのであれば
このレンジ高値、レンジ安値を
的確に判断することがとても重要になってきます

 


このレンジ高値、レンジ安値を
認識する際ですが、
基本的には今現在自分が認識している
どこかの波形の高値、安値付近となります

 

その中から意識されているラインを
見つけていくというイメージです

 

レンジ相場の基本の定義 環境認識

 


一番分かりやすいパターンとしては
綺麗に高値も安値も揃っているパターンですが、
1つの大きな波形の中で
もう少し小さい波形を作って
その中でレンジを作っている
というパターンもあります


そしてもっと言えば少し大きなレンジの中で
もう少し小さいレンジを作っているという
パターンもあります

 


このどのパターンでも
しっかりとレンジの高値、安値が
意識されているのが分かるような場面
というのを認識して
綺麗なレンジを見つけていければそこで
レンジを狙ったトレードをしていく事ができる
というイメージになります

 

レンジ相場の基本パターン 環境認識

 


トレンドもレンジも同じですが、
トレンドだから絶対トレンド狙いで
エントリーできるという訳でも無いですし、
レンジだから絶対レンジ狙いで
エントリーが出来るという訳でもありません

 

トレンドもレンジも綺麗な形を作った場面、
要するに波形が綺麗だったり
しっかりラインが意識されていたり、
その他明確な根拠があるという場面で
トレードをしていけると
思ってもらえればと思います

 

 

あと、レンジを気にして上の時間足を見だしたら
どこかの時間足ではレンジになっている
なんていう事になってくるので、
どこまでの時間足を気にして
どこまでのレンジを自分の中で
レンジであると判断するかは
しっかりと初めに決めておくことが大切です

 

具体的なレンジ相場でのトレード方法、
エントリー判断に関してはまた別で説明します

 

▼次にCHECK
『レンジ相場でトレードする際のラインの引き方の基本』