FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

チャートの分析・トレードにおいて通貨の相関は考えるか

通貨相関 チャート分析

 

Q,トレードをする際に通貨の相関は気にしますか?
例えばその動きが強い、というのは
通貨として強いと判断するのか、
その通貨ペア単体で判断するのか
どのように考えるでしょうか?

 


今回はこのような質問を頂いたので
私の考えをお答えします

 


A,
まず結論から言うと、
通貨相関というものは基本的には
一切気にしません

 

チャート分析、トレードにおいて
通貨の相関を重要視しているような
トレーダーさんもいますし、
実際そのやり方で
利益を上げている方もいるので
相関を気にするのが悪いとは思ってないです

 

むしろそのやり方で
利益を上げれる方法が分かっていたり
現在安定して利益を上げれているなら
そのままのやり方を続けていけばいいと思います

 


ではなぜ通貨相関を気にしないかというと
簡潔に言ってしまえば
一切気にしなくても利益を上げれるから
っていうことになってしまいますが
それだと参考にはならないと思うので
もう少し具体的に説明します

 


そもそもトレードにおいて
というところになりますが、
エントリーの根拠となる要素って
山ほど存在します

 

通貨の相関、いわゆる
今は全体的にこれが強いから
これを買いだとか、逆にこっちを売りだとか
というのも一つの要素ですし、
マルチタイムフレーム分析も要素ですし
移動平均線ボリンジャーバンド
その他いくらでも要素は存在します

 

で、私自身がとても重要だと
思っているのは
とにかくシンプルにすること

 

必要最低限の要素以外は
全て一切考えないこと
です

 


初心者の方やまだ安定して
勝てていない人ほど
何か新しいものを足せば勝てる、
と思ったり、
もっと根拠を固めていけば
良いトレードが出来る、
と思っています

 

実際に根拠が固いポイントは
勝ちやすいのは事実なのですが、
判断すべき要素がいくつもあったときに
いざその要素を組み合わせて
その時々の状況に応じて
適切な判断が出来るかと言われたら
かなり難易度が上がると思っています


それぞれの要素単体では
優位性があったとしても、
それを組み合わせたら更に良いものになる、
という訳ではありません

 


私が重要視しているのは
今現在の目の前の1つのチャート、
そして1つの時間足だけで十分なので、
その目の前のチャートにおいて
どのような事実が起こっていて
その事実に基づいてどうトレードをするか
ということです


そういう意味で私の中では
通貨相関は一切必要ないと思っている
要素の一つであるという感じです

 

 

ではちなみにですが、
通貨の相関を元にだったり
この通貨が強い弱いという判断を
全体的なバランスを見て判断するとして
実際にそれは有利なのか?
と言われたら、
答えは、『そのときによる』
となるかと思います

 

決して有利である、や
相関などが有効である、とは
言い切れないと思っています


これも結局何のテクニカル分析でも
同じことですが、
どのような分析や考え方も
結局はそれが機能するときもあれば
機能しないときもあります

 


〇〇が買われているから
〇〇は売りだ!
とか一般的に言われている事でも、
実際にそうなるときもあれば
そうで無いときもあります

 

この通貨が全体的に強そうだから
この通貨ペアでも買いのはずだ、
と思ってもその通貨ペアだけ
上がらないなんていうこともあります


なので、
もし通貨の相関であったり
通貨の全体の動きから
この通貨ペアはこうなるはずだ、
という考えがあるなら
それは余計な思い込み、バイアスになって
的確な分析が出来ないという可能性も
十分あるとは思います


トレードでの目線や考えは
あくまで目の前にある事実に基づいて
その時の状況で柔軟に判断していくこと

これが大切です

 

 

あと、通貨相関と言うかは分かりませんが、
リスク管理の面と、長期保有の際の
ファンダ的な面では通貨を気にすることはあります


まずリスク管理の面というのは、
例えばユーロドル1分足で買っているのに
ユーロ円も1分足で買って、
ユーロオージーも1分足で買って、
みたいにいくつもリスクを増やす
というようなことはせずに
同じ通貨で同じ時間足なのであれば
一番きれいなチャートでエントリーするか、
もしくはトレードリスクを分散して
それぞれでエントリーしていくか
というような資金管理ですね


ちなみに例えば
ユーロドル1分足で買い
ユーロ円1分足で売り、
ならリスクが2倍では無いので
気にしないですし、
ユーロドル1分足で買い、
ユーロドル15分足で買い、売り、
というのも狙う値幅や根拠も違うので
基本的には気にしないです

 

ここはどちらかと言えば
金管理、リスク管理面に
なるかと思うので
通貨相関とは少し違うかなと思っています

 

 

あと、長期保有の際の
ファンダ的な面でというのですが、
私自身は基本的にテクニカル分析
トレーダーなので普段は一切
ファンダメンタルズ分析はしないですが、
例えば1年スパンやそれ以上など、
長期保有を考えてエントリーをする際には
ファンダメンタルの部分も考慮はするので
その際に通貨の状況も一つの要素として
考えることはあります

 

どうしても保有期間が長くなればなるほど
ファンダメンタルに左右されることも
多くなるので、気にしていることはありますが
そこまで通貨相関という部分は
重要視してないですし、
通貨の状況、その国の状況とかというのを
1つの考えの中に入れているという
程度になります

 

 

私自身はこのような感じで、
通貨相関は基本的に一切気にせず、
今目の前にあるチャートに対して
テクニカル分析を元に
他のトレーダーの心理や状況を考えて
トレードをしているという感じですね