FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

波形認識後の実践的トレーニング

トレード 検証 テスター

 

前回トレーニングについてで
波形を認識するトレーニングについて書き、
波形認識は全てのトレードの基礎にもなり
とても重要だということをお伝えしました

 

本当にここは大切なところなので
どれだけ技術レベルがついてきても
自分の波形認識がブレないように
日々チャートと自分の波形認識を
照らし合わせて確認していくことを
おススメします

 


そして、今回はこのトレーニングに関して
次のステップとして
波形がある程度安定して認識できるように
なってきた場合に次に見ていくポイント、
レーニングとして意識していくことを
お伝えしていこうかと思います


それは自分が認識している波形を元に
実際に環境認識を行い、
今現在はどのようなトレンド状況で、
どこにどのようなラインが引け、
どこでエントリーを行っていけるか、
というのを考えていくということです

 


具体的なやり方としては、
まずは前回お伝えしているとおり、
波形をある程度の期間先に書いてしまいます

 

なぜ先に波形だけを書くかと言うと、
ラインのことやエントリーのことを
同時に考えると、そっちに意識がいき
波形のサイズがブレたり、自分に都合よく
認識してしまう場合があるからです

 

なのでまずは波形だけを書いていき、
ある程度綺麗で自然な波形を
自分が認識できているか確認します

 

トレード 検証 波形認識


そこで問題が無ければ
次に、どこでトレンドが転換しているか、
トレンド終了のラインを引いていきます


この段階も先ほどと同じく、
他のラインのことやエントリーのことは
全く考えずにとにかくどこでトレンドが
終了しているか、転換しているか、
ということだけを意識して見ていけば
良いかと思います

 

トレード 検証 トレンド転換


それが出来れば、
次は実際にエントリーのためのライン、
ブレイクラインやトレンドラインを
記載していき、どのあたりで
エントリーを仕掛けていけるか
見ていきます

 

トレード 検証 エントリーポイント


まずは波形を全て認識する、
その次にトレンド方向を認識する、
その後エントリーのためのラインを
認識して、エントリーポイントを考える

 

これらをそれぞれ別々に考え、
他のことは考えずにそれぞれに集中して
見ていくことで、
他のものにブレずに的確な判断が
行っていくことができます

 

 

実際のトレードでは
全て同時に意識して考えてしまって、
エントリーのためにラインを引いてたり
ラインを引くために無理に波形を認識してたり
という風に順番がおかしくなる人も多く、
安定したトレードが出来ないという場合も多いです

 

そうでは無く、
このトレーニングでは一つ一つを重要視して
適切な順番通りに見ていくことで
正しい波形、正しいトレンド方向、
正しいライン、正しいエントリーポイント、
というのを見つけていくクセをつけます


これを繰り返し行っていくことで
綺麗な環境、綺麗なライン、綺麗なエントリーとは
何かというのが分かってくるかと思います