FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

勢いがある相場状況でのエントリー

トレンドライン チャネルライン エントリー

波を認識してエントリーをしていく場合、
基本的に押し戻りを待って
引き付けてからエントリー
していくということになりますが、
その際に勢いがある相場状況についてです

 

強い圧力が出ている状況では
ブレイクラインなどの水平線や
トレンドラインまでも戻ってこずに
そのまま伸びていってしまう場合も多いです

 

このような場合に押し戻りの
ポイントとしてチャネルラインを
使っていくことが出来ます


このチャネルラインを押し戻りの
反転のポイントとして見ていく場合、
大切になってくるのは
しっかり意識されているチャネルラインか
ということです

 


チャネルラインだけに
限ったことではありませんが、
ラインは全てしっかりと意識されているライン
というのを背に入るからこそ
しっかりと守られます


トレンドラインを引いて
チャネルラインを引く、
このときにまずしっかりと
トレンドラインと同じ角度で
チャネルラインも意識されているか
そしてチャネルライン自体が
何度かローソク足がタッチしていて
意識されているようなラインか
というのが大切です

 

 

狙っていくイメージとしては、
チャネルラインを抜けてから
チャネルラインに戻ってきて、
反対側からしっかり噛み合ってから
反転していくような動きです


チャネルラインを使って
いわゆるサポレジ転換を見る
ということになります


また、イメージ的には
ブレイクライン(水平線)での
押し戻りのエントリーが
ただ斜めになっているだけ、
と考えて見ると分かりやすいかもしれません


トレンドラインとチャネルラインで
レンジを作っていて、
そこをブレイクしてから
チャネルラインをブレイクラインと考えて
押し戻りの反転を狙うということです

 

チャネルラインでのトレードの場合は
割と勢いが出ているような相場状況
ということになるので、
比較的利益を伸ばしていくことが可能です


利益確定の目安は色々ありますが、
慣れてくればトレーリングも使って
大きく伸ばしてくことができます

 

 

チャネルライン エントリー