FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

マルチタイムフレームがうまくいかない原因

マルチタイムフレーム 分析

チャートの分析でマルチタイムフレームを
使っている人はとても多いように思います


マルチタイムが悪い訳ではないのですが、
マルチタイムを使って流れの方向に
エントリーしているはずなのに
なかなか勝てない、という人も
多いと思います


今回はその理由に関して説明していきます

 

 

まず初めに、別にも書きましたが
チャートは全てフラクタル構造であること、
これを理解してださい


日足の中に4時間足の動きがあり、
4時間足の中に1時間足の動きがあり、
1時間足の中に15分足があり・・・

というような感じですね

 

日足→4時間足→1時間足→
15分足→5分足→1分足→秒足


基本的にはマルチタイムを考えるのであれば
この並びで考えたら良いかと思います

 

30分足や3分足というのもありますが、
30分足は1時間足と比べローソク足で言うと
2本か1本かどうかの誤差ですし、
3分足も5分足と比べても同じような感じなので
そこまで考える必要は無いかと思います

 

先ほどの時間足の並びで言うと、
それらがすべてフラクタル構造であり、
それぞれに今現在のトレンド方向
というものがあるということです


例えばですが、

日足では上
4時間では上
1時間では下
15分では下
5分では上

というようなことです


このようにそれぞれの時間足には
今現在の方向性があり、
それぞれの時間足で方向性を見て
トレードをしている人が存在します

 


ここでマルチタイムを使っているけど
利益を上げれていない、という方の
主な原因は何かということです


それは、先ほど書いた並び順を
飛ばして考えている、という場合が多いです


4時間足の流れに対して5分の動きを見たり、
1時間足の流れに対して1分の動きを見たり
ということです


これが絶対にダメだという訳では無いですが、
慣れていない人であれば
このように時間足をいくつか飛ばして
見ていても、順張りのつもりが
逆張りで入ってしまっている、
というようなことが起こりやすいです

 


飛ばした時間足の動きを考えるよりも
まずは今見ている時間足の
前後にある時間足の動きを考えること

これがとても大切になってきます


ここに関してはまた別で書こうと思いますが、
マルチタイムを考えすぎて
時間足を飛ばしすぎる考えを持たないこと、
これをしっかり意識してください