FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

エントリー時の切り上げ切り下げを小さく見るときの見方

 

エントリーポイント ローソク足

 

エントリーをする際には
ラインでサポートされたことを確認し、
そこから反転してきたという事実を見たうえで
エントリーを仕掛けていくわけですが、
その中で調整波から推進波に戻る確認として
切り上げ、切り下げを見ていくというのは
以前にもお伝えしました

▼先にCHECK

『調整波と推進波の目線が合うポイントでエントリーする』

 

このときの切り上げ、切り下げというのは
基本的に調整波の中に存在する波形と
同じくらいのサイズで見ていき、
要は環境認識をしている波形の中に存在する
1つ小さな波形でも同じ方向へと
トレンドが向いた事実が確認できたことで
優位性が高くなるのでエントリーを
仕掛けていくということですね

▼先にCHECK

『エントリー前の切り上げ切り下げ確認のイメージ』

 

エントリーポイント 切り上げ確認


そして、このときの切り上げ切り下げの
確認についてなのですが、
どれくらいのサイズで見るかというと
上記の理由から基本的には調整波で
作られている小さな波形のサイズと
同じくらいのサイズを見ていくという
ことになるのですが、
調整波で作られているサイズが
大きければ大きな波形を見ていくべきですし、
小さければ小さな波形を見ていく
ということになります

 

あまりに大きすぎる場合や
小さすぎる場合に関しては
今見ているチャート画面において
環境認識の漏れやミスも起きやすいので
ある程度適切なサイズというのは
自分の中で決めておくのが大切だと思いますし
もし今が適切なサイズで無い場合には
別の時間軸での動きの可能性が高いので
適切なサイズで動いている時間足に
切り替えるのがベストではあります

 

 

しかしそうは言っても
調整波で作っている波のサイズが
結構小さい場合とかっていうのも
場合によってはあると思います


言ってしまえば
波を作っているというよりも
ローソク足が数本とかのレベルで
出来ている調整波のような場合に
どのように反転を確認していくか
ということです


この場合ももちろん
反転の確認も波というよりは
ローソク足数本の足を見て
判断していくような感じになるわけですが、
このときにローソク足での切り上げ、切り下げ
というのを判断する基準というのを
しっかり自分の中で持っておく必要があります


波であればある程度切り上げ、切り下げ
というのが分かりやすい場合も
多いと思うのですが、
ローソク足だけで切り上げ、切り下げを見るときに
本来切り上げ、切り下げで無い場面で
それを判断してしまっていたり、
という場合も多いのかなと思っています

 


ではローソク足が数本あるというような状況で
どのようにローソク足の切り上げ、切り下げを
見ていくかなのですが、
重要なのはローソク足の安値と高値が
どこで更新されているのかを見る事です

 

ローソク足の高値と安値 

ローソク足の安値が更新されずに
ずっと上げていってる場合であれば
それは1つの動きと考えるべきですし、
逆にローソク足の高値が更新されずに
ずっと下げていってる場合であれば
それも1つの動きと考えるべきです


例えば連続した陽線が出ていて、
途中で高値はいったん下げたけど、
安値は更新せずにそのまま再度上げた場合
というのは切り上げとして見るべきでは無い
ということです

 

この逆の陰線の場合も同じです

 

ローソク足 エントリー判断 切り上げ


連続している陽線の中で
安値を更新してなかったとしても
高値が少し下がってからまた再度上げたので
これは切り上げだと見ている人も
多いように思いますが
その見方はあまり良くないかと思っています

 

結局それって一つのローソク足の中で
動いているだけ、ということなので
上げている流れの中で一時的に
レンジを作ったというだけなのと
同じだったりします


なので、ローソク足レベルで
切り上げ、切り下げを見ていくのであれば、
切り上げであればローソク足が上げている中で
一度安値を更新してから再度上げていくこと、
切り下げであればローソク足が下げている中で
一度高値を更新してから再度下げていくこと


これを見るのが重要です

 

ローソク足 エントリーポイント 切り上げ


初めは少しややこしいかもしれませんが、
ここは結構大切な部分だと思うので
ローソク足で切り上げ、切り下げを
判断していく際には
細かく意識して見ていけるようになれば
良いかと思います