FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

プライスアクションがあまり意味のない場面

プライスアクション 効かない場面

 

前回はどのような場面での
プライスアクションは有効と考えられるか、
ということについてお伝えしました

 

そして今回は逆に
どのような場面でのプライスアクションは
あまり有効では無いか、ということについて
お伝えしようと思います


▼先にCHECK
『プライスアクションが有効であることが多い場面』

 


まずプライスアクションというのは
ローソク足の形を見ていくという事になりますが、
そもそもレートが動くということは
常に買いと売りでの勝負が行われている
というような状態なわけで、
その勝敗の結果(または過程)が
ローソク足になるということです

 

つまりプライスアクションは
そのローソク足を見ることで
この買いと売りの勝敗が分かるような
ローソク足パターンであったりするので
その後の動きの可能性を考えれる
というようなことです

 

プライスアクション チャートの動き




少し難しいかもしれないので、
もっと簡単に言えば
プライスアクションはつまり
売り買いの勝敗の結果だ、
というような感じで思ってもらえれば
良いかと思います

 


そして、
今回の内容でもある
プライスアクションが出てもあまり
意味が無い場面とはどこか?
ということですが、
そのローソク足自体で勝敗がついても
あまり重要では無い場面
というようなイメージで
思ってもらえれば良いです

 


ではそれはつまりどこか?
というと、

レンジの中、や
ローソク足がもみ合っている場面
重なりの多い場面
です


このような状況で
例えば反転を示す足が出た、
と言ってもあまり意味が無いという事です


それはなぜかという部分ですが
これはローソク足というのを
単体で考えるのでは無く
ローソク足=チャートを切りとったもの
という風に考えれば分かるかと思います

 


例えば、
前回お伝えしたような
反転する可能性の高い場面で
ラインに戻ってきてラインで
反転を示すようなプライスアクションが出たら
それはラインが意識された証拠でもあり、
より反転の可能性を考えていけますね

 

反転足 プライスアクション


そのプライスアクション自体の中にある
チャートの形を考えても
反転パターンの可能性が高いからです

 


しかし、例えばこれが
ラインには戻ってきたものの、
ずっとライン上でダラダラ動いてしまって
ローソク足がたくさん重なっている状況で
その中の一つに反転を示すような
ローソク足が出たとしましょう

 

このときにこれをローソク足では無く
チャートの動きとして考えてみると、
その一本のローソク足の動きは
あまり重要では無いことが分かります

 

プライスアクション チャートの動き

 

ただチャートがダラダラ横に動いている中での
ちょっとしたブレであったり
その一部分を切り抜いたときに
たまたま出来上がったローソク足でしか無い
というような感じですね

 

これが先ほどお伝えした
レンジやもみ合い、重なりの多い場面で
プライスアクションが意味の無い理由です

 

 

これは私もいつも言ってる事ではありますが、
このローソク足が出たからこう、
というような見方だけでは無く
なぜそのローソク足が出来たのか?
どのようにそのローソク足が出来たのか?
をいうのを考えて見ていけば
このあたりは理解できてくる内容かと思います

 

前にも説明したことがあるかと思いますが、
ローソク足というのはあくまで
チャートであって、
逆にチャートはローソク足である
というようなイメージも大切ですね

 

ローソク足のプライスアクションは
使いこなせば強力な武器にもなるので、
しっかり有効な場面や、
逆にあまり有効ではない場面
というのも理解した上で
使っていけるようになれば良いかと思います