FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

ブレイク後のエントリーの基礎

ブレイクライン 手法 エントリー


レンジの状況で意識されている

高値安値ラインをブレイクした後

トレンドの状況で
前回高値(安値)をブレイクした後

このときには
エントリーのチャンスになる場合が多いです

このときの環境認識としては、
両方ともトレンド状況の判断
エントリーをすることになります

(レンジをブレイクしてから狙う場合は
厳密にはトレンドになるであろう、という
判断でのエントリーです)


ここで大切になってくるのは、
ブレイクしてすぐはエントリーをしない
ということです

ブレイクしたからすぐエントリーする、
というやり方ではダマシで戻ってきて
損切りになる場合も多く、
結果的に安定した利益は積み上がりません


ではどういうときにエントリーするかですが、
ブレイクしたのを確認して、
その後一度ブレイクしたラインに
戻ってくるのを待ちます

そこからまたブレイクした方向に反転して
伸びていきそうな場合

このときだけを狙うようにします

ブレイクライン エントリーチャンス 環境認識



また、ブレイクしたと判断する際の
注意点として、
ブレイクした値幅をしっかり見るようにしてください

ブレイクはしたものの、小さい値幅しか
ブレイクをしていないような場面で、
戻ってきて反転しそうだからエントリー、
というようなことをしても
損切りになる場合が多いです

 

ブレイクライン 値幅 環境認識


ある程度しっかりとしたブレイク値幅が見れてから、
その後一度戻ってくるのを待つ

そしてまたブレイク方向に反転していくようなら
エントリーをする

これがブレイク後のエントリーの基礎になります