FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

ブレイクのラインの定義を他のラインと区別する

ブレイクライン 水平線 ライントレード

 

ブレイクのラインまで押し戻りを待って

エントリーを考えていくときに、

よく間違いやすいポイントがあるので

書こうと思います

 

▼先にCHECK
『ブレイクのラインはどこを見るか』

 

『ブレイクのライン』と

『トレンドが終了するライン』

ですが、これは基本的に

別物だと思ってください

 

 

トレンドが終わったと判断するラインは

『最後に高値を更新した波の安値』

もしくは

『最後に安値を更新した波の高値』

ですね

 

そして、ブレイクのラインは

『前回安値』

もしくは

『前回高値』

です

 

 

この2つは定義が違うので

注意が必要です

 

 

しかしトレンドが切り替わってすぐの

エントリーを狙っていく場合は、

この2つは同じポイントになることは

結構多いです

 

ただ、あくまでそれは

そのときが同じポイントになっているだけで、

別のポイントになる場合もあるので、

必ずしも一緒のラインでは無い、ということ、

定義が違う、ということを

理解しておく必要があります

 

 

 

例えば

上昇トレンドから下降トレンドに

切り替わる場面で売りを狙っていく場合、

上昇トレンドが終了したラインは

最後に高値を更新した安値ラインで、

ブレイクのラインは前回安値ですよね

 

最後につけた高値から

一直線の波で、トレンド終了のラインを

下抜けてきた場合は、

トレンド終了のラインとブレイクのラインは

重なります

 

しかし、

最後につけた高値から、

トレンド終了のラインを下抜ける前に

波を描いてから落ちてきた場合は、

その波の安値が前回安値となるため、

トレンド終了のラインとは異なる場所になります

ブレイクライン トレンド転換 水平線

 

ここが注意するべきポイントになります

 

このようなときに

トレンドが終了するラインで

反転の売りを狙おうとすると、

本来のブレイクのラインまで戻されて

切られてしまう、ということがあるので

注意が必要です

 

▼次にCHECK
『どこが意識されているかを見てラインを引く』