FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

レンジ相場でのトレード方法

レンジトレード エントリー方法

 

レンジというのは相場に
偏った力がかかっている訳でも無く
方向感が無く横に動いているような状態ですが、
レンジ相場でもトレードをしていけることで
エントリーチャンスは増えてきます

 

トレンド相場のほうが方向性も分かりやすく、
力が一方向にかかっている分
その方向に狙っていけばとりやすい
というのがありますが、
トレンド相場もレンジ相場も
とっていけるようになることで
相場で利益を上げやすくなります


また、相場はずっとトレンドが
出ているという訳でも無く
レンジの状態の事も多いので
レンジ相場もトレードしていけるように
なることで安定的に利益を
あげていきやすくなります

 


しかし、チャートが横に
ダラダラしているからレンジだといって
全てトレードしようとしても
無駄な損失になる可能性も高いので
しっかりと綺麗なレンジでトレードを
していくことが大切になります

 

まずはどのようなレンジが
綺麗なレンジなのかというのを
しっかり把握しておくことが重要です

 

レンジ トレンド エントリー

 

では早速
レンジ相場でのトレードについてですが
基本的には

意識されているラインを見つけて
レンジの高値から安値付近、
もしくはレンジの安値から高値付近、
を狙っていく事になります


で、意識されているラインですが
しっかり2点が意識されているラインを見つけ
3点目で反転していくのを狙っていく

という感じになります

 


これはレンジに限らず
ラインでトレードする上で重要なことですが、
ラインで反転したという根拠を元に
トレードをしていく事になるので、
いかに機能するライン、意識されているライン
というのを見ていくかが大切になってきます

 

ただ反転しそうだと自分が思ったラインでは無く、
他の人も意識しているラインでトレードを
するからこそ守られやすく、
優位性があるということですね

 

レンジ エントリーポイントの基本


レンジの際に見るべきラインについては
別でも説明していますが、
イメージとしては安値(もしくは高値)が
揃ってきたところでレンジの可能性が
考えられるという事になるので、
その際に高値(もしくは安値)にあるラインが
意識されているラインかどうか
ということになります

 

▼こちらもCHECK
『レンジ相場でトレードする際のラインの引き方の基本』

 

そして
レンジの基本のパターンとしては
波形の高値(もしくは安値)が揃ってきて
それが3回目の波形の反転であるとき
という感じです


これがどういう状態かというと、
例えば買いの場合、
ブレイクラインで反転したが
その後もう一度ブレイクラインまで
=直近の波形の安値まで戻ってきた
という場合

 

これは直近の安値まで戻ってきてるので
レンジになることが想定できる場面ですし、
ラインとしても3点は意識されている
ということになるので反転したら買いを
狙っていけるような状態になります

 

また、もう1つのパターンとしては
高値(もしくは安値)が波形で3つ
揃ったような状態のときですね

この場合は既に直近の波形に戻ってきて
レンジになっているような状態ですし、
3つ目の反転でラインが意識されていれば
狙っていけるということになります

 

レンジ エントリーポイント トレード


このような意識されているラインで
反転してエントリーした後に、
利益確定ポイントとしては
レンジの高値、もしくは安値付近まで
狙っていくということになります

 

レンジというのはトレンドと比べても
力が不安定でもあるので、
あまり高値、安値のきっちりを狙うというよりは
少し手前くらいまでを狙っていくと
綺麗に決済されやすいです

 

 

また、レンジを見ていくときに
気を付けたほうが良いのが、
買いであれば安値、売りであれば高値が
揃っているというのは見ていくと思いますが、
その反対側(の高値か安値)もある程度
揃っていることが大切になります

 

例えば買いを狙うレンジで
安値は前回の安値まで戻ってきたけど
そのまま前回高値まで行かずに
もう一度安値まで戻ってきたとします

 

このときに安値だけ見れば
3点目にはなりますが、
前回高値に届かずに戻ってきている
ということはもう買いの力が
弱くなっている可能性がある
という風に考えられます

 

安値が揃ったから、というのだけで
エントリーしていこうとすると、
もう買いの力が弱まっていて
エントリーしても上げれず、
逆行してレンジ安値も抜けて
損切りになる、ということもあるので
気を付けたほうが良いです

 

レンジのトレードで気を付けること


なので、レンジを見る際は
高値と安値をしっかりと
往復しているようなレンジであるか
というのは意識して見ることが大切です


高値と安値を綺麗に
往復しているような状態で
ラインが意識されていて3つ目の反転
というのは綺麗なレンジとして
とっていきやすいポイントということですね

 

▼次にCHECK
『レンジ相場のトレードもトレンドに合わせてエントリーする』