FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

調整波の別の時間足の動きに応じたエントリーポイント

エントリー環境 調整波の動き


エントリーの際に調整波を
考えていくことはとても大切なことですが、
その際に調整波の動きを安定して
捉えていく必要があります

 

具体的には、
調整波の動きを見るときに
下の時間足の人たちの見ているチャート
心理、ポジション、損切り位置
などを考えていくわけですが、
調整波の下の時間足の人たち、
と言っても一つとは限りません


自分が認識している波の
サイズによっても変わってきますが、
だいたいは1つか2つのどちらかの
下の時間足の動きを捉えていける
というような状態かと思います

 

 

調整波の中にほとんど波が無く
直線的な場合は、
ローソク足の形状から
1つの下の時間足の人たちの動き
捉えていくことができます


調整波の中に小さく波を
描いているような場合には
その小さい波で一つ
ローソク足の形状からもう一つ
と2つの下の時間足の人たちの
動きを捉えていくことができます

 

この2パターンがほとんどで、
このそれぞれのパターンに応じて
どうなったら反転したと判断するのか、
というところをしっかり考えていく
必要があります

 

調整波 環境認識


まず、
調整波の中にほとんど波が無く
直線的な場合であれば、
ローソク足から下の時間足の波を判断して
小さなトレンド転換が見れたら
エントリーをしていける状態となります

 


調整波の中に小さく波を
描いているような場合には、
確実な反転を見ていくのであれば
その小さな波でのトレンド転換を見て
エントリーしていくということになります

 

もしくは、ローソク足の形状によってや
早いエントリーを仕掛けていく場合であれば、
小さな波ではトレンド転換が起こっていなくても
ローソク足レベルでのトレンド転換の
判断が出来ればエントリーしていく
というのも一つになります

 

この場合はまだ小さい波の
動きの人たちからすると
トレンドの転換は起こっておらず
反対の勢力の状態となる分、
早くエントリーできるものの
その後跳ね返されて逆行してしまう
という可能性はまだあります 

 

このあたりは自分の中で
どこまでの判断を含めて反転したと
判断していくのか、
というのをしっかり持っておくことが
大切になってきます

 

 

調整波 エントリーポイント