FXブログ|専業トレーダーKAZU流・相場の成功法則

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまでなりました。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載しています。トレードの世界は本当に厳しい世界です。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

ローソク足の力の見方

 

ローソク足 プライスアクション チャート分析

 

ローソク足を見て
現在のチャートが
どのように進もうとしているのか、
買いと売りのどちらが意識されているのか、
これを考えていくことは大切です

 

前に
ローソク足の拮抗の話はしました

 

そしてそのときに見てもらいたい
ローソク足の形について
今日は書こうと思います


ローソク足が進行方向に進む際に、
力が強いと判断できるのは、
大きい足が出ていることです

 

買いなら陽線、売りなら陰線、
これが比較的他のローソク足に比べて
大きいこと

 

これがまず1つ目です

 


そして2つ目は、
ローソク足が進行方向に向けて
続いて出ているということです

 

買いなら陽線が続いている
売りなら陰線が続いている
という状態です


これが2つ目になります

 

これらの2つは、
それぞれの条件だけでも
力があると判断できますし、
2つの条件が重なったときには
更に強いという判断ができます

 

ローソク足 プライスアクション トレンド



そして3つ目が注意点になるのですが、
大きい陽線が出た、大きい陰線が出た、
と言っても1本だけ出た
大陽線、大陰線には注意が必要です

 

要はその後同じ足が続いていないということです

 

この場合はダマシとなって
反転していってしまうことが
多いパターンなので注意が必要です


力が出たからすぐ入るのではなく、
その後に続いているかを見るのが大切です

大陰線 大陽線 ダマし