専業トレーダーKAZUのFXブログ

本当につらい下積み時代もありましたが、諦めずやり続けて月で億単位は運用できるまではなりました。相場は本当に甘い世界では無いです。かなりの覚悟が無いと勝てるようにはなれません。このブログには私のトレードの方法や考えを全て記載していきます。自分が苦労した過去がある分、本気で取り組んでるけどまだ結果が出てない方に、少しでも何かの気づきを与えれればと思います。

1分足などの短期時間足でのトレードは動きが早くて難しいのか

1分足トレード 時間足の選び方

 
私自身は1分足などの短期足で
トレードをすることが多いですが
1分足は動きが速いし難しい、
という風に思っている人も多いみたいで
実際にどうなのかという私の意見を
今回はお伝えしようかと思います
 
 
私自身は1分足や3分足を使ったり
ティックチャートや秒足を使ったりと
比較的短い時間足でトレードすることが
多いですが、もっと大きな時間足と比べて
結論から、難しいか難しくないかで言うと
1分足だから特別難しいということは無い
と思います
 
 
しかし、1分足のような短期足で
トレードをするならばしっかりと
その時間足の特徴を知ることは
大切だと思っています
 
それともちろん動きに関しては
慣れというのは必要かと思います
 
あと、ちなみに
さすがに秒足やティックチャートとなると
かなり細かい動きになってくるので
初心者にはあまりおススメはしないかな
という感じです
 
 
また私自身、
別に1分足ばかりでトレードをする訳では無く、
15分足や1時間足や4時間足、
日足など他の時間足でも
トレードはするので、全体的な比較として
短期時間足についてどうかというのを
お伝えできればと思います
 
 
 
今回は特にその中でも一番質問や相談などで多い
1分足の動きの速さについてですが、
これに関しては確かに長時間足に比べれば
動きは速いのですが、
トレードのスタイルによってかなり
その速い遅いというのは変わると思います
 
トレードのスタイルというのは、
ローソク足の動きだけを見て
ローソク足で値幅を取っていくような
トレードスタイルなのか、
もしくはチャート上の波形を認識して
波形を取っていくようなトレードスタイルなのか、
ということです
 
 
ローソク足だけで値幅を取っていくスタイル
というのはローソク足の形状を見てエントリーして
ローソク足の1本2本などの数本だけで
すぐ利益確定するようなスタイルということです
 
 
この場合はエントリーのタイミングは
もちろん1秒単位でかなり重要になりますし、
利益確定のタイミングも1秒単位で重要になります
 
 
なので判断能力としては
結構素早く判断できないと難しいです
 

1分足 ローソク足プライスアクションでエントリー

 
 
しかし2つ目のパターンの
波形を認識して波形をとっていくような
トレードスタイルの場合はそうではありません
 
1つの波形での押し戻りを待って、
次の波形が完成していくのを狙い、
波としての値幅をとっていくスタイルです
 
そのときの相場状況や
認識する波形のサイズにもよりますが、
1分足だとしても1つの波形が完成するのに
30分や1時間かかったりします
 
 
なので1分足だとしても
エントリーの判断や利益確定の判断は
1秒単位というよりは
もっと余裕を持って考えていくこともできます
 

1分足 トレード 波形

 
そして、
ローソク足だけで値幅を取りに行くトレードと
波形を認識して値幅を取りに行くトレード、
と言いましたが、
 
1分での波形を認識してトレードをする
=15分足などでのローソク足判断でトレードをする
 
というのと同じです
 
 
1分足で30本分の波形
=15分足では2本分のローソク足の動き
 
1分足で60本分の波形
=15分足では4本分のローソク足の動き
 
 
なので、
そこまで1分足だから難しい、
というのはまた少し違うかな、
という感覚です
 
 
 
また、例えば1時間足でトレードするとして
1時間足が速いか遅いかというのも、
ローソク足レベルだけでトレードすれば
1、2時間だけですぐ利益確定するような
トレードスタイルになるでしょうし、
 
逆に波形を認識してトレードをする場合、
1つの波形を30本分や60本分と考えていくと、
1つのトレードで狙う動きも
30時間や60時間ということになります
 
なので何分足、何時間足だから
速い遅いというよりは、
トレードルールやどのような値幅を
どのように狙っていくかによっても
大きく変わってくるということです
 
 
 
しかしもちろん初めにも書いたように
1分足は1分足での特徴もありますし、
慣れは必要になってくると思いますし
そのあたりはまた別の機会に
説明もしようかと思います
 
それと何分足が良いのかというのは
その人の性格や生活環境などによっても
変わってはきます
 
 
ただ、1分足などの短期足が
ものすごく動きが早くて難しい、
と思っている人もいるようだったので、
ローソク足だけで考えるのでは無く
しっかりと波形で認識してチャートを
見ていけば落ち着いて
安定したトレードをしていくこともできる
ということです